haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT175-続き妄想 危ない挑戦状

-ACT175-続き妄想

ネタバレ要素含みます
コミック派の方回れ右です
【】の中は英語です
↓↓↓↓

















『危ない挑戦状』


「カイン・ヒールって
一体どこの大道芸人だったっけ??」

「……」

(やっぱりかなり可愛いなぁ~~)

「まぁ~~どこだろうと、
あんな陰気臭くちゃ、誰も寄り付かないか…」

「……」

「あんたも大道芸人なの?
あいつがナイフ使いで、あんたが的役?」

「……」

「間違って刺されなきゃいいけど…」

「……」

(顔色一つ変えないな…)

ーースタスタスタスタ

俺の横をすり抜けようとして

「返事くらいしたらどう?なにちゃんだっけ?」

彼女の腕をつかんだとたん、
冷たい眼差しで睨まれてしまった

(………あいつといい、この子といい
2人とも只者じゃない、なんなんだこいつら)

「…離して」

(お!?しゃべった!!)

「俺は…」

【…なにをしてる】

(!!!!!え?????)

その声が耳元で聞こえたとたん、
彼女をつかんでる逆の手をひねりあげられた…

「いてててててぇぇ~(泣)」

「………兄さん」

彼女の声で、俺をひねった奴は手を緩めた
。俺もあまりの痛さに、彼女の腕を離した……

(こいつ真後ろにたってたのに、全然気配を感じなかった
……ケンカ慣れしてるはずの俺が気配に気がつかないなんて、
こいつ一体何者だよ…)

「おい!!なにす……」

【セツ、いないから探した】

【兄さん、ごめん】

俺を無視して、の目の前に抱き合う2人………

(確かさっき兄さんって言ってなかったか?
それにしても、2人は兄妹というよりも恋人同士の方が近いぞ……)

2人の行動はエスカレートしていく…

【ヤァン………兄さん…これ以上は…】

【いつもしてるだろ】

【仕事……終わったら……ねぇ……ハァ…】

(おいおい~どうみても危ない兄妹だろ!?
みてるこっちが恥ずかしい/////)

俺は赤面してかたまってた…

(彼女の憂い顔もかなりくるな)

彼女もさっきの冷めた視線はどこにもなく、
あいつの前では愛しい人に甘える猫のようだ…

それに比べて、あいつは俺に顔を向けて、
さっきのように睨んできやがった…

(まるで、大切なものに手をだした、
敵でもみるような目で見やがって…)

【……フゥ~~兄さん、いこう】

【あぁ】


2人腕をくんで、俺の目の前から、去っていった…

俺は、久しぶりにケンカを売られた気がした。

(俺は、売られたケンカを買って負けたことないんだぞぉ~~!!
カイン・ヒール見てろよ!!仕事でも、女でも覚悟してろよ!!)


俺は打倒カイン・ヒールを誓った!!



そんなあいつが、実は敦賀蓮で、
俺の尊敬するクー・ヒズリの息子だって
知ったのはしばらく後の話だった…






ーーおまけーー

【セツ……顔が赤いぞ】

【…気のせいじゃない】

【フッ……そんな顔他の男の前でするな】

【キャッ!!??…兄さん!!】
【……仕事が終わったら覚悟してろよ】

【!!??………わかったわよ………チュッ】

【………】

【……どうしたの兄さん?】

【なんでもない…】

キョーコは、魂まで雪花になることを再度、覚悟した…

蓮は、撫でるだけでやめるつもりが
最後の一線まで危ういかもと思った瞬間だった




END
ーーーーー
本当は誰が挑戦状を受け取ったかって話です……
これから、キョーコちゃんと蓮さん
早くイチャイチャしてほしいなぁ~~(⌒‐⌒)
スポンサーサイト

プロフィール

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。