haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強の馬の骨後編

最強の馬の骨

「ショータロー…苦しんだけど」

「……」

俺は黙って、キョーコに抱きついていた。
キョーコは激しく抵抗するかと思いきや、
ただ、ぼやいているだけで、意外にも暴れたりしなかった。
俺は、キョーコがこんなに、抱き心地がいいなんて知らなかった。
昔から知ってる匂いが、やわらかい髪の感触が、
耳にあたる頬の温かさがこんなに心地よいなんて……


なぜ俺は手放すなんて馬鹿なことをしたのだろうか……


「ショータロー具合でも悪い……の…」



俺はキョーコの拘束を少し緩めてキョーコに顔を近付けた


「こんなところでなにしてるんだ…」



怒りのこもった地を這うような低い声が、背後から聞こえた





『最強の馬の骨後編』





「つ…つるが…さ…ん」

キョーコがめっちゃ怯えてるじゃねえか…
温和な紳士が聞いてあきれる

キョーコがはっとして、俺を突き飛ばした

腕にキョーコの感触が残る

「すいません……こいつに捕まりまして、
今から敦賀さんの家に伺おうと思ってたのですが……」


キョーコはあまりの怖さに下向いて話してやがる


邪魔されて、ムカついて睨み返してやった

「アンタこんな遅い時間に
キョーコを家に呼びつけるなんてどういうことだよ」

「お前には関係ない」

「こいつは今から俺と飯食いにいくんだけど」

「な??!!ショータロー?!」

「本当なの…最上さん」

「いえ!違います!こいつが無理やり誘ってきて」

「ふぅ~~~ん」

ん?なんか、寒いぞ……ここクーラーついてんのか!!??

「で、仲良く抱き合ってたわけだ」

「チ……チガイ…マス」

なんか、気のせいかキョーコが震えてるようにみえるけど、
やっぱり寒いのか?!!
それに敦賀蓮にはあるまじき顔してるぞぉ~~
まるでサタンだよ~~恐すぎだろ!!??

でも、ここで食い下がるわけにもいかない

「アンタがそんなんじゃ、キョーコが可哀想で、
渡すに渡せないから今日は俺が連れ帰る」

「ショータロー余計なこと言わないでよ!!」

「なに言ってんだよ!!
敦賀蓮にマジビビりしてるお前を助けてやってんだよ」

「大きなお世話よ!私、演技指導をお願いしてるんだから……
それに、あんたがあまりにも失礼だから敦賀さんだってこんなに怒ってんのよ!!」

「相手が俺だからって言うのかよ?!
俺じゃなくても、男なら誰でもアイツは許さな……」

なに言ってんだ、俺は。これじゃぁ~~
アイツの気持ちばらしちまうようなもんじゃないか…


「はぁ??アンタなにいってるのよ??」


……キョーコが鈍くて助かった



「ハァァ~~~」

気がついたら、さっきまでのサタンオーラではなく、
いけすかない紳士ヅラに戻ったアイツが深くため息ついてた。
なんか、こんなに独占欲丸出しにしてんのに
まったく気持ちに気付かれないのも不憫に思えてきた。

「敦賀さん、コイツはほっといていきましょ」

「おい!!キョーコ!!」

「不破くん、こちらが先約だから今回は諦めてくれ」

前言撤回だ。不憫なのは俺の方だ。
おまえらは、同じ事務所、同じ俳優なんだから会う機会あるかもしれないけど、
俺は簡単になかなか会えないんのわかって言ってるだろ~~

本当に、ムカつく野郎だ!!!

「おい!キョーコ俺が誘って……」

「敦賀さん行きましょ」

キョーコは、俺は言葉をさえぎって、
アイツの手をとって、歩きだした。
アイツときたら、テレビで観たことないようなフニャッけた顔しやがって!!

俺はしばらく二人を見てた
あれが、俺が認めない間柄になったらと思うと、
胸をえぐられるような痛みが走って、とても辛くなった………
自分がきっと情けない顔して二人をみてるんだろうなと思う

こんな気持ち知らないで生きていけたら、どんなに楽だったか。。




そう思ってたら、キョーコが、こちらに歩いてきた

「ショータロー!アンタに一ついい忘れてたけど…」

なんだよ…憎まれ口言いにきたのかよ。期待して損した。

「歌手なんだから、ノド気を付けなさいよ。ほら、これ」

勢いよく渡されたのはのど飴だった……
ノドがイガイガしてたの気がついてたかぁ~~
祥子さんも気がつかなかったのに、やっぱりお前って…

なんだろうな……この心が暖かくなる感じ。
なんか目頭熱くなってきた。

「おぉ、サンキューな」

ここで終わっとけばいいのに俺は余分な一言をいっちまった。

「キョーコ、女がこの時間に男の家いくのが、
どんだけ危ないことかわかってんのかよ?」

「……わかってるわよ(小声)」

俺はショックだった。

キョーコがあんな恥ずかしそうな女の顔するなんて…。

しかも天然記念物な純情女が男と女の情事をわかるだって?!?!
キョーコが変わったことにもショックだったが、
そのことわかってアイツの家にいくキョーコにはもっとショックを受けた。
俺は、この後、妄想の渦にどっぷりつかって、
キョーコが「敦賀さんはアンタと違って紳士なんだから。
間違ってもそんなことないけどね」とか言ってたのも、上の空だった。





おちまい

――――ーー
尚さん視点でした。
でも、実は二人が知らない馬の骨がいる話を書きたかったんです(泣)
書けたら続編書きます……気が向いたら(笑)
スポンサーサイト

最強の馬の骨 前編

最強の馬の骨

ここは某テレビ局の廊下…

そこで俺は昔から知ってる声が、
扉の向こうから聞こえたのでその扉に近づいた



『最強の馬の骨 前編』


ガチャッ


「ありがとうございましたお疲れ様でした」

「おい」

「はい?なんで…し……」


俺の顔を見たとたん顔つきががらりと変わって


「なんかようですか?不破さん」

「キョーコ相変わらず色気ねぇ~なぁ~それでよく芸能人やってけるなぁ~」

「は? あんた、相変わらず失礼な奴ね!」


出会えば、お互い憎まれ口は減らない。
俺は、キョーコが、最近どんな役をやって、
どんな反響を得ているか知ってる。
知らないお前がどんどん増えて、
お前を狙ってる男の話をよく耳にするようになったのに……

俺はお前に素直になれないでいた……


「売れない芸能人はもう仕事終わりかよ」

「ここの仕事は終わりで、別の場所で別口の仕事なのよ!
ほんと人の仕事に口出しして大きなお世話よ」

「本当は仕事ないのに嘘ついて見栄はってるんじゃねぇのか?」

「はぁん!あんたが知らない間に私は急成長してんのよ!
仕事も増えてるし、あんたへの復讐を果たすのももうすぐだわ」


復讐なんかやめればいいのに…

キョーコを捨てた俺が、言うのもなんが、
俺への復讐を掲げてる間は、キョーコの支配率は多くても、
俺たちの距離はそこから縮まらない。。
前はそれでも良かったが、今はその関係にも飽きてきた…

もっと確かな関係になりたい。。



お前が復讐をやめるときは、
お前の人生に俺様が一番だと再確認するときだからなぁ
(それ以外の復讐の終わりかたは俺は認めないが…)

「なぁ~~キョーコ」

「なによ」

「仕事終わりなんだろ?」

「だから仕事だってば…」

「本当は?」

「………」

もう22時回ってるんだぜ、マネージャーがいないキョーコが、
この時間に1人で打ち合わせってのまずないだろう……

あったらあったで、キョーコ狙いの業界人がうようよいる今、
1人で行かせるのもなんだし…

「キョーコ、飯行くぜ」

「は? あんたの仕事は?」

「すぐ終わるから、ついてこいよ、行くぞ!」

「だから私は仕事だって行ってるでしょ」

「じゃぁ~どんな仕事かいってみろよ」

「そっ……そんなのあんたに関係ないじゃない!!」

「言えないってことは嘘なんだろ!
時間もったいねぇ~から早く飯行くぞ」

「もうっ私の話聞きなさいよ……仕事は有るわよ。
……敦賀さんの家でご飯作るように頼まれてるのよ」

「はあぁ?」

思いがけずでてきた名前に唖然とした。
こんな時間に女が男の家にいく意味わかってんのかよ!!
アイツはお前のこと………



「ショータロー悪いけどそういうことだから急いで帰らせてもらうわ」


凄まじい勢いで、背を向けたキョーコの手を俺は勢いよく引っ張った。



「いくなキョーコ」


「え?ショ……タ…ロ…?」




気付いたら俺はキョーコをきつくきつく抱きしめていた……






それを1人の男が嫉妬を帯びた目で見てるのに
俺は気がつかなかった


つづく

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。