haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT222-続き妄想  望まれた命 中編

-ACT222-続き妄想

更新遅くなりまして、大変申し訳ありません。


ネタバレ要素含みます
コミック派の方は回れ右して下さい
↓↓↓↓





『望まれた命  中編』


SIDE蓮



昔の彼女の泣き顔がちらついて、俺は気がついたら駆け出していた



「おい…蓮!」

「社さん、すいませんここからはタクシーで帰ってもらえますか?」

社長に呼び出されて一緒にいた社さんにそう告げた

「ん?もしかしてお前…」

「蓮、社はこっちで送るから気にすんな」

「社長ありがとうございます、すいませんがお先に失礼します!」

「気をつけてな」

二人に挨拶をして、急いで彼女のもとへ向かう

「アイツも、ようやく動きだしたなぁ~」

「本当に、ようやくですよ」

俺がいないところで二人でそんな会話になっていたとは露知らず…



俺は、彼女に会いに車を走らせていた…

(とりあえず、下宿先に行くか)

下宿先にいなければ、電話で連絡してみればいいと思い
とりあえず下宿先に向かった





しばらくして……

下宿先の近くで車を止めて、
一応変装の為帽子だけ被って下宿先に近付いたら…



(…ん?…あの声は、最上さんと……不破?…)



店の裏口かと思われる場所で俺は二人を見つけるが、
二人には見えない場所に身を隠す


「……ねぇ!私は本当にいらない存在なの?
誰からも必要とされないなんの価値もない存在なの?
産まれちゃいけなかったの?産まれなきゃよかったの?
私を捨てたあんたならわかるでしょ!?
ねぇ!答えてよ!ねぇ!!…お願い…、教えてよ…」


それは、身が裂けるような悲痛な叫びだった…

いつも、笑顔を絶やさない最上さん
……辛いことは見せないようにする
最上さんの叫びに胸が苦しめられた

それとは別に、不破になら胸の内を打ちけるのかという
怒りにも似た感情が胸を焦がした


「ねぇ~答えてよ!ねぇ~」


ドンドンドン

最上さんは、不破の胸を両手で弱い力で叩いていた
それは、とても……とても力ないものにみえた

「キョーコ……」

「!!」

そして、振り上げた最上さんの腕を不破は掴んだ
最上さんは、下を向いたままで、不破の顔はこちらからは見えないが……

その背中は、いつもの傲慢で利己的な不破の背中とは思えないほど、
弱弱しく感じられた

その二人の姿に、嫌な予感しかしない

「……キョーコ、俺…」

不破から苦虫を噛むような声が聞こえてきた

嫌な予感があったたようだった


(不破は……後悔している……)


不破のこれまでの言動による
最上さんに対しての謝罪は必要だと常日頃思ってきた

(…………でも…………)

俺は、二人に向けて歩きだした




(今は……その時じゃない…)



ーーーーーーーーーー
つづく
 
スポンサーサイト

-ACT222-続き妄想  望まれた命 前編

-ACT222-続き妄想

ネタバレ要素含みます
シリアスです
それでもよろしい方どうぞ
↓↓↓↓↓










『望まれた命 前編』

SIDE尚




「…その顔…やっぱり見たんだな…」

目の前には顔色を真っ青で今にも倒れそうなキョーコがいた
あのテレビ番組をみて、嫌な予感がして来てみればこれだ

「…大丈夫…じゃないよな」

ゆっくりキョーコに近付く

差し出した手をキョーコに触れる寸前

「……バカに……」

「は?」

キョーコが小声でなにか呟いたから聞き返した

「……バカにしにきたのかって言ってるの!!」

「はぁ!!??何言ってんだよ」

「それじゃ、何しにきたって言うのよ」

「え?…それは、たまたま近くを通りかかったから…」

明らかに見え透いた嘘をつく

やり取りの内容はいつもと変わらないのに、キョーコの顔は明らかに無理している

「…用がないならさっさと帰って」

「は?ってか、どこ行くんだよ」

「あんたには関係ない!」

そう言ってキョーコは居候してる店から出て、どこかに行こうと歩き出した
明らかにおかしいキョーコをほっておけなくて俺は、キョーコの後ろ姿を追う

「おい、キョーコ!」

「ついて来ないで!!」

「どこ行くんだよ」

「……ついて……来ない…で」

「…おいっ」

肩を掴んでこちらを向かせるが、俺はそれを後悔した
振り向いたキョーコは目に溢れんばかりに涙を貯めていた

「……」

俺はその姿にかなり動揺した
キョーコのその姿に予想はしていたのに
いざその状況になったらかなり焦ってしまった


「…大丈夫よ…あんたの前では泣かないから」


そんな状態でもまだそんなことをキョーコは言ってる

「だからどっか行ってよ…」

言ってる言葉とは裏腹にその声はとても弱々しかった

「キョーコ…」

「……お願い…一人にして」

キョーコは、もう耐えられないとばかりに顔を背ける

「また、俺のいないとこで一人て泣くのかよ!」

昔、泣いてる所を俺に見せないようにしていたキョーコの話を思いだした
……今は、一人で泣かれる気なんて無い
だからここは、引けなかった

「…私のことは……どうでもいいでしょ……」

「どうでもいいわけないだろ」

紛れもない俺の本心

「………なに、言ってるの」

「……?」

「……あんたも私を捨てたじゃない…」

顔を見せず、かなり小さい声だったが、俺にはしっかり聞こえた


背中から嫌な冷や汗が流れる


そして、キョーコは俺を見た…


俺の瞳はを真っ直ぐ揺るぎない……


大粒の涙を流しながら…


俺に向けて叫んだ


「あんたも私を捨てたじゃない!
尽くしたあんたに家政婦だって、用済みだってボロキレみたいに捨てられて、
母親にもどんなに頑張っても完璧じゃないから疎まれた挙げ句
「いない」存在にされた!」

「……」

「………………ねぇ!私は本当にいらない存在なの?
誰からも必要とされないなんの価値もない存在なの?
産まれちゃいけなかったの?産まれなきゃよかったの?
私を捨てたあんたならわかるでしょ!?
ねぇ!答えてよ!ねぇ!!…お願い…、教えてよ…」


最後に悲痛に顔を歪める初めてみるキョーコに俺は固まってしまった



今まで見せたことのないキョーコの姿に…

そして、その言葉に…



俺は自分の犯した罪を知った





続く
ーーーー
次回蓮さんサイドです

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。