haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT173-続き妄想 妹のナミダ46

-ACT173-続き妄想

ネタバレ要素含みます
コミック派の方回れ右です
オリジナルキャラでますのでご注意下さい
↓↓↓↓















SIDE蓮





俺は罪を犯し続けるのだろうか…



前の久遠のように




『妹のナミダ46』


「……なんで、こ、これが……?」

彼女の前に並べた3枚の写真。
最上さんの動揺した反応を見ると
やはり最上さんのものの様だ…


わかっていたことなのに……


わかっていたはずなのに…


必死に冷静を装っていたつもりでも、
彼女には俺の怒りはよく見えるようだ

「これの説明してもらえるかな?」

恐ろしく低い鋭い声で彼女に問いかける。
そして、わざとらしく指は写真を指差す

「………」

彼女はなにか考えているようで言葉を発しない

その態度は、俺をさらに苛立たせるだけなのに……

自分の怒りを押さえられない
俺は言葉を止めることが出来なくなっていた

「これはあのクローゼットの中で見付けたよ…
で、これはどうしたの……?誰に渡されたの…?」

「………」

「黙りだね………もしかして、これは
君の同級生っていうあの男からもらった?」

「!?……なんでそれを………………はっ!!」

「…やっぱり」

彼女は俺にとって不都合な事実を口にした途端、
俺の顔を見られず下を向いてしまった



俺は彼女が以前言った言葉を思い出していた

「いえ、私はなにも言ってないので……」

俺の質問にそう答えた最上さん…

カインの正体がバレているのに、
俺には相談もしないで隠したあげく、
あの男を庇っていたのだ……




(………許せないな……)




俺はテーブルの上に置いた自分の拳を
痛いぐらいきつく握りしめていた


でも、ここで彼女をきっぱり
切り捨てる選択肢もあった

「もう来なくていい」

と言って……

そうすれば、いつかまた遠い未来
先輩と後輩として話すことが
ひょっとしたらできたかもしれないのに

俺は違う選択肢を選んでしまった

俺は自分を抑えられなかった




そう、あの時、俺が自分を押さえられていたら



怒りに任せて彼女を傷付けてしうこともなかったのに……




つづく
ーーーーーー
やっぱり、進まない……(汗)

スポンサーサイト

プロフィール

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。