haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト☆スキンダルは突然に 後編

ラスト☆スキャンダルは突然に

オリジナルキャラでます。
冒頭、ガールズラブ要素が少しだけあります。
嫌な方は回れ右して下さいね。
↓↓↓↓














「あなたが好きよ……京子さん」

私は動けなかった

南田さんは真剣な目をしてこちらを見下ろしている

南田さんは私の髪を撫で、額に口付けをした

(え…?ウソ…!)

「ここにもキスしていい?」

そう言って南田さんが私の唇に指差す



(え!…えぇ!?えぇえぅえーーーーー!!!???)



そして、私の答えを聞かずに
南田さんの顔は私に近付いてきた






『ラスト☆スキャンダルは突然に 後編』






「いやぁ……敦賀さぁん」

とても小さな声だと思う…

私は敦賀さんに助けを求めていた

それを聞いた南田さんは……

「……やっぱり、両思いなのね」

「え…?」

(ん?誰と誰が?)

南田さんの言葉にのんきにそう考えていたとき……



「そこまでですよ、南田さん」



この部屋にはいないはずのテノールが聞こえてきた

「敦賀さん!?」
「敦賀くん!!」

(なんで敦賀さんがここに……?)

敦賀さんは部屋に入りゆっくり私達に近づいてきた

「南田さん、どういうつもりですか?」

「だって、キョーコさんに敦賀くんとのこと
誤解されたくないから!
敦賀くんも同じでしょ?」

「……でも、“その状態”はどうかと思いますよ」

私に被さった体勢の南田さんに言った台詞は穏やかなようだけど、
声はかなり低く冷たい雰囲気だ

そして、明らかに

(怒っていますけどーーーー!!!!!!)

いつもなら紳士面に怒りを隠しているのに、
今はそれを隠しもしないでこちらを捉えている

「退いてください……女性でも容赦しませんよ」

「「……!?」……わかったわよ」

そういって、敦賀さんを睨み付けながら
私から退く南田さん

「……ここにいるに相応しいのはどちらかわかってますよね」

「………判ったわよ」

機嫌が悪そうな声で言うと、南田さんは玄関に向かった。

敦賀さんの横を通るとき……

「私、諦めたわけじゃないから」

「……」

敦賀さんはそう告げて部屋を出る
南田さんをずっと睨んでいた…

……その雰囲気から2人は付き合ってる間柄には見えない

「最上さん大丈夫?」

「はい…驚きましたけど…アハハ」

そういいながら床に腰掛ける私。
その横に敦賀さんは腰掛ける

「そう言えばどうして敦賀さんここにいるんですか?」

「さっき話聞いてなかったの?」

「へぇ?」

「俺も勘違いされたくなかったんだよ…最上さんに」

そう言って、敦賀さんは床についた私の手に
優しく握ってくれた

その感覚がとても暖かくて、
私はずっとそうしてほしいと思っていた

その気持ちに気付くのはまだ先のこと……






その翌日


〈敦賀蓮三角関係発覚!!お相手は南田と京子
2人で敦賀蓮を奪い合う〉


私と敦賀さんの初めてのスキャンダルが世の中を駆け巡る






これは、突然始まった




私と敦賀さんの




ラストスキャンダルの始まりでしかなかった








おしまい
ーーーーーーー
〈補足〉
敦賀さん…キョーコちゃんのマネージャーから合鍵を借りたのです。
きっと悪どい手を使って。

後、南田さんと敦賀さんの深夜デートは
キョーコちゃんについての話をしていました。
勿論社さんも居たんですけどね

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。