haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重なる雪 中編

重なる雪

「もうこの関係を終わりにしたいんだ」

「ほへぇ?」

呆れるぐらい間抜けな声が出てしまった……

(今なんて……?……)

自分の中で、嫌な思い出がよみがえり
身体が心が震えてしまう

あんなに愛し合って幸福な気持ちになった心が
一気に凍りついてしまった

「今……なんて……?」

「………」

真剣な顔の彼がいた

(……冗談じゃないのね……)

突然のことで涙が出そうになり
下をみてうつ向いてシーツを握りしめる

「…………ぷっっーーアハハハハハ」

「ほへぇ?」

頭の上から聞こえてきた大好きな人の笑い声。

私は本日二回目の間抜けな声をあげてしまった……

「アハハハハ……キョーコ……
返事がおかしい………アハハ!」

「え?…へぇ?……どう言うこと?」

「ごめん!!話の途中で耐えられなかった、クスクス」

「…さっきのは冗談だったの?」

「…………ごめん、冗談ではないよ」

「……」

笑った顔の彼が私の質問に真剣な顔に戻ってしまった




この関係の終わりは……

彼との別れを意味する




私は自然と涙が溢れだしそうになった……

でも、ここで泣いちゃいけないような気がして
私は耐えようとした

でも、それはとても難しいことで…



「キョーコ、勘違いしてる」




泣き出した私をそっと、優しく私を包める彼…

「……なにが………ですか?……グズ…」

「ごめんね、言い方が悪かったね」

「……言い方……?」

「そう、言い方…」

「?」

「キョーコ……俺と家族になろう」






つづく

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。