haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT173-続き妄想 妹のナミダ50

-ACT173-続き妄想

『妹のナミダ』久しぶりの更新です。
緊迫ムードから始まります。

年齢制限はしていませんが、無理矢理、暴力的な部分があります。
嫌悪感のある方は回れ右して下さいね。
オリジナルキャラでますのでご注意下さい
↓↓↓↓








もう敦賀さんとは



今までの関係ではいられなってしまった








『妹のナミダ 50』




SIDEキョーコ




「さぁ、始めようか」




耳元でそうささやかれて始まった時間はまるで地獄だった

部屋の扉に私を逃がさないよう追い詰めているのは
敦賀さんなはずなのに、知らない人の様で恐ろしくて堪らない

そんな固まっていた私と、目が合った敦賀さんは、
酷く冷徹で、今にも人を一人殺せるんじゃないかと思う視線を私に向ける

狂気的な視線を受けて私は身体が震えることしかできない…

なにか言わなければと、口を開こうとした唇は……



敦賀さんの唇に無理矢理塞がれてしまった



「ん……?!…つ…が…!!」

それは、まるで愛するものを包みこむようなものとは程遠い、
憎むべき相手にでもしているようなとても冷たい行為に思えた……


激しく……


荒々しく……


痛みを伴う行為は


とてつもなく冷たかった


(いや…いや……こんなの嫌…!!)


されている行為が苦しくて…辛くて……

そして、何故かスカーレットさんと敦賀さんがいた
駐車場での二人との行為とは、あまりには違うことに胸が苦しくなった…

(なんで…こんな酷いこと……!!)

敦賀さんを怒らせてしまった私が悪いとわかっていても
……あまりの苦しさに自分から溢れるナミダを止めることができなかった

そして、今まで恐怖で動かなかった身体が嘘のように
私は、敦賀さんの行為に拒否し始めた…

でも、追い詰められた私には、男性の力に敵うはずもなく……

「いや……嫌です!!つ…つる…が…さん…」

「……」



拒否する私の腕を掴み、引きずるように私を連れていく先は…



兄妹として過ごしていたベッドがあった





続く
ーーーー
キョーコちゃん辛い場面続きます
スポンサーサイト

プロフィール

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。