haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉月の裏表 第4話

葉月の裏表

結婚式にはお互いの意見の違いでもめると言うけど

俺達2人も例外ではなかった




『葉月の裏表 第4話』




時間はさかのぼり


入籍会見後

俺と彼女は独断で日本での結婚式を
決めた社長に文句をつけにいった

「社長、いきなりどういうつもりですか!?」

「まぁまぁ~~、こっちで式を挙げるのも必要だろう……
世話になった人に晴れ姿をみせても減るもんじゃないしな」

「それは、そうですけど…」

彼女は少し納得いかない顔をして言った。

俺も納得いかないがあんな大勢の人達の前で
発表されてたのだから従うしかない

「そうなお前達2人の為に、お詫びといってはなんだが……」

「「……?」」

「2人一緒の1週間の休暇を約束しよう」

「え!?本当ですか!」

「……」

彼女は、嬉しい声をあげたが俺はただ黙って社長を見つめていた。

彼女が喜びのはよくわかる……
お互い仕事でなかなか会えていなかったのに
アカデミー賞をとってからさらに仕事が立て込んで、
会いにくくなった。

でも、社長の言うことだから、
素直に喜んでいいものか、考えてしまう…

「蓮さんよかったですね」

「……そうだね」

「……キョーコくん、こいつに用があるから、
ちょっと席を外してくれないか?」

「?あ、はい…」

彼女は不思議そうな顔をして部屋から出ていった。
俺と2人になった途端社長は俺の嫌な顔つきをした

(!!…その顔は、俺で遊ぶつもりか!?)






つづく
ーーーーーーー
<補足>
社長はキョーコちゃんの呼び方を入籍をきっかけに
「最上くん」から「キョーコくん」に変えましたとさぁ~。
もう最上姓ではないのでね…。
次回ラストです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。