haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉月の裏表 最終話

葉月の裏表

「……お前、むこうの結婚式の準備もめてるらしいな」

「……!?社長、それをどこから知ったんですか?」



『葉月の裏表 最終話』



「まぁ~~それはいいとしてだ。ここでお前にいい報告がある」

「社長、まさか……」

「そのまさかだ」

社長はにんまりと不適に笑っていた……

社長は本当にやり手で、味方でよかった思う瞬間だった





今、彼女が着ているドレスは、俺が選んだものだ

実はドレスのことで彼女と口論になってしまって……

彼女が選んだドレスと俺が選んだドレスはまったく
タイプが違っていたのだ

でも、それは社長が解決してくれた

「ドレスよく似合ってるよ」

彼女の耳元にささやいて、頬に軽くキスをした

「/////………蓮さん……人が、み…見てますよ!」

「うん?」

周りには700人の報道陣……会見の様子も生中継されていた

正直、周りはどうでもよくなっていた

周りなんて気にしない為に公表したのに……

(世の中のすべての男に彼女が俺の大切な人だと伝えたい……)

「へ?蓮さん?」

俺は彼女を持ち上げ、世に言うお姫様抱っこをした

「もう、そろそろ終わっていいですか?」

「へ?」

会場がざわめき出した

「そうですね……終了時間を過ぎていましたね。
では、これで会見を……」

「敦賀さん!最後に一つお願いします。
会見を早く終わらせたい理由は?」

俺は彼女を抱き上げながら笑顔で答えた

「早く彼女と2人っきりになりたいので、これで失礼します」

きっと、彼女が言う似非紳士面をして俺は答えた


これはもちろん本当の本当だ



俺は、他にも質問されたが笑顔でかわし彼女を連れてその場を去った


彼女を早く1人占めしたくて……










「おばさん、お久しぶりです」

「あら、松太郎くん、お久しぶりね」

「おばさん、その呼び方は、ちょっと」

「そうね。あなたも芸能人だったわね……悪かったわ」

「いえ、いいですけど…。あの……その節は、
迷惑かけてすいませんでした」

「?………あぁ、あの騒動の発端はあなただったかしら」

「はい、すいませんでした」

「クスッ、もういいのよ。あの子もきっと気にしてないわ」

「そう言って貰えるとありがたいです」

「それにしても……」

「?」

「あの子は不破家の人間になるとばかり思っていたわ
……検討違いだったみたいね」

「……俺はそのつもりだったんですけどね(小声)」

「え?よく聞こえなかったけど」

「いえ、不破家に嫁ぐより幸せそうだって言ったんですよ」

「さぁ~~それはこれから、わかることだわ」

「そうですね」


二人の視線の先には、幸せそうな新郎新婦の姿があった






2人の結婚式・披露宴・会見は、共に高視聴率をたたき出した。
そして、特に敦賀蓮は愛妻家というイメージがついたのは
言うまでもない





End

ーーーーーーー
ここまで読んでくださり、ありがとうございました!!
結婚式編終わりました。
今月中に生放送編書いて裏表シリーズは終わります!

<補足>
蓮さんのお気に入りのドレス具体的に描かなかったのは
皆様の想像におまかせしようと思いまして・・・・

後、尚くんも大人になったので敬語はしっかり言えるように
なって欲しいと思い書きました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。