haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽霊からの招待状 中編

幽霊からの招待状

「さっきの威勢と言葉は偽りだったようだな」

「……仕方ないじゃない(小声)」

「ん?聞こえないが?」

「い…いいから、歩きなさいよ!!」

「クスクス、キョーコお前はおもしろいな」

「……」

(だって、怖すぎなんだもんーーーーーー!!!)




『幽霊からの招待状 中編』




今ここにはテレビカメラマンや音声さんや照明さんや
他のスタッフさんも一切いない。
真っ暗闇の廃墟を小さなビデオカメラを私が持って
小さいライトを魔界人が持って歩いていた。
つまり2人だけでまわっているのだ。

「……ちょっとあんまり近よらないでよ!!」

と外で魔界人に言った手前、
本当は離れたいのはやまやまなんだけど……

ここのあまりにも恐ろしい状態と、
心細さから魔界人の後ろをぴったりくっついて歩いていた

実は、相手が魔界人じゃなければ、
私には対応策があったのだけど…

(魔界人ではあの方法は使えないし)

私は諦めて、魔界人のそばにいた。

でも、急に依頼された仕事をなんで魔界人が引き受けたか疑問だった

なんでも面倒くさそうにしてるから、
引き受けなさそうなのに……

「魔界人、あんたなんでこの仕事受けたのよ…?」

「キョーコ、普通にしゃべれるじゃないか……
まぁ~俺もこういう場所は身体に悪いから来たくはなかったんだが…」

「うん、それで?」

「ここに呼ばれてな……」

「は?」

(はぁあ?魔界人の言ってることっていまいちよくわからないなぁ~~)

「キョーコ……あまり俺から離れるな」

魔界人が私の方へ振り返り、珍しく真剣な声でそう話しかけてきた。
私は、考え事をしていたせいで、2・3歩離れてしまっていた。

「……来るぞ」

「へ?」

そう言って、魔界人は私の腕を引っ張って私を抱きとめた……

「あぁあんた!!なにする……、もぐ……んぐ…」

「黙っていろ」

あり得ないことに、魔界人に抱き止められている上に
口を手で塞がれてしまった………

(これって、軽井沢の悪夢再びってこと!!??)

魔界人の手をどうにかして抜けようと思っていたそのとき……

何故か周りの空気が重くなったと同時に、
目の前を人間の形をした白い煙のようなものが通り過ぎていった


(………………………………………………………
…………………………………………………………
……………………………今、凄く泣きたいかも……)

「間に合ったようだな」

魔界人はそう言って口をふさいだ手をを離してくれた

「なにがよ!!いきなりびっくりするじゃない!」

「やつは、この廃墟でもヤバい類いだからな……」

「や…やつって?」

「さっき視ただろ?血まみれの男……」

その言葉に……

いえ、私が視たのは白い煙だけです……
と言う気も失せてしまった…

(こんなとこ、お願いだから本当に早く帰りたいよぉ~~)

「キョーコ、俺の周りに結界を張ったから離れるな……」

「結界…?そんなことできる………
あれ?あれ?ない……!!コーンがない!!」

手に持っていたはずのコーンがどこにもなくて
私はパニックってしまった

(とても大切なものなのに……!)

「コーン?……キョーコ、まさか……」

「あ!!」

古びた廃墟の窓ガラスから月の光が入ってきた。
コーンはその光で輝いてすぐ見つけることが出来た。
でも、落ちている場所は階段の踊り場の微妙な場所でコーンは、
手すりに捕まらないと、とれない位置にある。
ここでコーンを上手くとれないと、1階まで落ちてしまう。
ちなみに今いるのは3階なのだ

(よかったぁ~~!見つかって!!)

持っていたカメラをおいて、
手すりを片手でつかみながらそっとコーンを手にとった瞬間……

ーーーーーガッタンッ

「へ?」

「キョーコ!!」

コーンをとろうと捕まっていた手すりが、
無残にも傾いてしまった……




その拍子に今、私は外に投げ出されてしまった。




手すりにかろうじて捕まってる状態……。
下は1階までなにもない……

「キョーコ!!待ってろ!!動くなよ」





(ええぇえぇぇえ~~!?これってヤバくないですか??!!!!!)











つづく
ーーーーーーー
キョーコちゃんピンチです!!
次回、ラスト予定です。

<補足>
キョーコちゃんはレイノくんが来なければ、
きっと怨霊キョーコを使ってなんとかしていたと思います。
なんせ、蓮さんを迎えにきた死神もどきを退治できるのですから!!
幽霊も大丈夫なはす!!・・・怨霊キョーコがいるならね。

後、幽霊のヤバさの基準はちょっとわからないので
フィクションでお願いします!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。