haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT173-続き妄想 妹のナミダ31

-ACT173-続き妄想

ネタバレ要素含みます
コミック派の方回れ右です
オリジナルキャラでますのでご注意下さい
↓↓↓↓












SIDE蓮


大切な彼女を


傷付けることしかできないでいた




『妹のナミダ31』




ーーーージャァーー

今俺は、1人冷たい水を浴びていた。

冷静さを取り戻す為に……

彼女との会話を早々に切り上げ、
逃げるようにシャワールームに入ってきた

何故、彼女はこんな風になるまで俺に言わなかったのだろうか……

その理由は俺がよく知ってたから、
さらに自分が腹立たしかった

そして…

「あんたら本当に兄妹なの?それじゃ、
まるで恋人同士にしかみえないよ」

さっきあの男が言った言葉……

あのとき、もうすでにセツの正体を知っていたなら


あの言葉の意味は……きっと……

俺への挑戦状、もしくは警告と言ったところか…



彼女と一緒に生活を共にしている血の繋がらない男なんて、
あの男からみたら邪魔者でしかない

彼女に気がある男ならこの状態は許せないだろう

俺が逆の立場なら到底許せる状況じゃない

それを考えると最上さんの為、いや俺の為にもこれ以上、
ヒール兄妹を続けるのは得策ではない気がする……


ーーーーガチャンッ

静かにドアを開けゆっくりと部屋の中に戻ったが
明かりがついた中に、聞こえるのは寝息だけ

(寝てる……?最上さん……、ん!?泣いていた?)

顔には涙の後があった……

何事にも責任感が強い彼女だ……
こんな形で仕事を辞めさせられたら、悔しいはずだ……

(君はなにも悪くない……)

彼女に布団をかぶせ、セツの前髪を優しく触れる

「君はとても大切な存在なんだよ」

そう呟きながら……




この言葉と心とは裏腹に、この日から3日後…

俺は彼女を深く傷付けることになる





つづく
ーーーーーー
密室で2人っきりでしたが、あまり進展なくてすいませんm(__)m

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。