haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・葉月の裏表 中編

続・葉月の裏表

初めてのキスは実は…

彼女の控え室だった



『続・葉月の裏表 中編』



そうつまり、放送局であり仕事後だったのだ。

彼女と付き合いだしたころ、彼女に近づく男に
嫉妬して、勢いでしていまったのだ

そのことを正直にはさすがに言えず、
2人で秘密にしようと話したが
彼女は突っ込まれると本当のこといいかねないから、
俺が先に嘘をついた

そっと、見えない位置で彼女の手を握る。
申し訳ない気持ちを込めて

「まだまだ、伺いたいことがたくさんありますが、
ここである方からメッセージのVTRを頂きましたので
こちらをご覧下さい」

社さんには以前共演した人としか聞いていなかった。

画面には知ってる共演者の顔がでるかと思いきや、
テレビに写ったのは、後ろ姿と声は変えられてるが、
明らかに社さんだった……

まさかと思い会場にいる社さんをみると、
顔はドラ○もん笑いをして嫌な笑みを浮かべていた

(あの顔、久しぶりにみたなぁ~~なに言うつもりなんだか…)

「私は、敦賀蓮のマネージャーをやっています。
これからお話することはすべて事実です」

「「!?」」

(なにを話すつもりなんだ!?)

テレビ画面で話し出した社さんの話の内容に俺はつい手で顔を隠した。

内容は、最初から彼女にだけは対応が違ったとか、
馬の骨を退治する為にどれだけ手伝ったかとか、
そして俺がどれだけ嫉妬深いとか、
しまいには俺のスケジュールを彼女にあわせて調整させられたとか……


そう、これは全部本当だ



彼女も知らないこともあったので、
女優なのに口を開けてあたふた驚いていた。

度々俺の方を見るが、俺はなにも反応できなかった

(社さんの独断で出演を決めたとは考えにくいな……社長の考えか)

生放送をみて、俺の反応をみて面白がっている社長が目に浮かぶ




「敦賀さん、予想以上の愛妻家ですね!
嫉妬されるイメージ全然ありませんけど…」

「そうですね…それだけ京子さんに夢中だってことなんですね!
前回敦賀さんに出演していただいたとき、、
京子さんの話題で敦賀さんの雰囲気ちょっと違いましたからね!
……え?そのときの映像がある?ではどうぞご覧下さい」

「!?」

生放送が台本に書いてない方向に進んでいた

(生放送恐るべし…)

テレビ画面には、前回俺が彼女のVTRを見ている映像が流れていた

(クスッ…充分、アウトでしたね、社さん)

そこには、幸せそうな自分の姿が写し出されていた



「前回出られた放送で敦賀さんの雰囲気に
違和感は感じたんですけど…
まさか、結婚されるとは思いませんでした」

「すいません……言えない事情がありまして」

これは本当

隣の彼女が申し訳なさそうな顔をした。
彼女はその理由をよく知ってるから

「いえいえ、人気者のお2人ですから色々事情もあると思いますし
……ここで結婚した2人にメッセージを
送りたいという方からVTRを頂いています。それではどうぞ! 」

流れたVTRに出てきた人物にも驚いたが、
その内容にも俺は驚愕した…

彼女を見るとなにか焦ってるような顔をした後、
おびえる様な仕草をしてる




どうやら嘘だと思いたいけど、これは本当らしいな






(………許せないな)






つづく
ーーーーーー
長くてすいません(;^_^A
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。