haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT173-続き妄想 妹のナミダ39

-ACT173-続き妄想

ネタバレ要素含みます
コミック派の方回れ右です
オリジナルキャラでますのでご注意下さい
↓↓↓↓













SIDE蓮


彼女にとって俺は


ただの先輩でしかないのか…




『妹のナミダ39』




俺は1人で部屋が並ぶホテルの廊下を歩いていた。
今日の撮影を終えて、部屋に向かっていた。






朝、彼女が出かける後ろ姿を俺は、
彼女に気付かれないよう寝ながら見つめていた
ベッドの上から

ーーーーガッチャン

彼女がゆっくりドアを閉めて部屋から出ていった

起きているのに、話かけない自分に嫌気がさす


〈 おはようございます。
今日は別の仕事があるので、
先に出掛けます。
挨拶できず、すいません  

   キョーコ〉


彼女らしい丁寧な置き手紙を見て
少し安心した自分もいた

ベッドに座り、髪をかきあげ頭を抱えた…

この2日、部屋に帰っても、素に戻れない…
いや、戻らないようにしていた

(自分を押さえる自信がない…)

溢れだしそうな想いを必死にカインの下に隠すしかなかった

その結果、カインのはずが、たまに俺の感情が出てきて、
最上さんを困らせている。

カインではなくなる瞬間、最上さんの瞳が大きく揺れる……

俺でもわからないカインと俺の境界線を彼女ならわかるようだ

(演者として俺はまだまだ未熟者だな…)





俺達の部屋の前で足を止めて、ゆっくりと鍵を出した

ーーカツ カツ カツ

そこで初めて自分に近付く靴音に気が付いた

「話があるんだけど…」

誰か近付いていたか声ですぐわかった

俺はゆっくりと冷たい目線を向けた





そこにはあの男が立っていた






つづく
ーーーーーー
次回、カインvs翔太再びかも…

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。