haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT173-続き妄想 妹のナミダ40

-ACT173-続き妄想

ネタバレ要素含みます
コミック派の方回れ右です
オリジナルキャラでますのでご注意下さい
↓↓↓↓













SIDE蓮



こんな気持ちで



彼女に触れたくなかったのに…




『妹のナミダ40』





「話があるんだけど…」

俺はカインとして答える

「………失せろ……」

お前とは話すことはないと言う意味で
低く冷たい声でそう告げる

あの男の言葉を無視して
ゆっくりと鍵を差し込んで部屋のノブを握る

「アンタに1つ警告しておく」

「……」

俺の動きが止まる

「……なにが言いたい」

あの男が俺に近付いて、俺を睨み付けている

「彼女をこれ以上混乱させるな」

「!……」

最初なんのことかわからなかった。
だが、可能性として考えられることは
俺達にしかわからない
兄妹の変化のことなのか…

(最上さんをよく見ているということか…)

「アンタが変わらないようなら……後悔することになるよ」

「……お前、」

…俺の正体を知ってるのか?っと、
口に出して聞きそうになった

俺の正体は知らないはずだが……
でも、最上さんの周りにいるカインと
同じ背格好の人間を探せば、
案外簡単に見つかるかもしれない…

(やはり、この状態は良くないな)

「…警告したから」

そう言って、あの男は足早にこの場から去った

あの男の後ろ姿を見ながら、
苛立ちを隠せず舌打ちをする…カインとして

ゆっくり部屋に入った途端、カインの役が抜ける。
ドアにもたれ掛かり静かに目を閉じる

(これで、彼女にはセツを降りてもらうしかない)

「くそッ!」

ーーーードンッ

入口近くのクローゼットに怒りをぶつける

ーーーーバサ

「!?」

クローゼットの中で何かが落ちた

それは、俺が見てはいけない物だった……




そこには、見に覚えのない俺達が写った
3枚の写真があった






つづく
ーーーーーー
次回は来週、キョーコちゃんターンです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。