haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術は秋にでも プロローグ

芸術は秋にでも

「お祖父様、今年は何が欲しい?」

「ん?マリアどうした?」




『芸術は秋にでも プロローグ』




ここは、LMEの社長室…
部屋の高級な椅子に腰かけているのは宝田マリア…
社長で書類を見ながら答えていたのは宝田ローリィー…

社長室は2人だけかと思いきや
それにひっそり控えてるつもりだが
社長と同じウエスタンの格好をさせられて
しっかり目立っているセバスチャンがいた


「今日、敬老の日でしょ」

「おぉ!そうだったな…。
直接聞くところをみるとプレゼントも行き詰まったか…」

「そうじゃないけど…
ただお祖父様に気に入って貰える代物が
見つからなかったの…」

「誕生日のときも用意してくれてるからなぁ~~、
これからは気にしなくていいぞ、マリア」

「そうもいかないわ!
だから、今年はお祖父様に直接聞こうかと思いましたの!
一昨年は、恋愛シュミレーションゲームでしょ……
去年は確か、タロット占いのキットだったわね!」

「そうだったな……タロット占いはいまいちだったが、
恋愛シュミレーションゲームは寝る間を惜しむほど
やりつくしたな」

「それよ!お祖父様にプレゼントするのに迷う点は……!!
当たり外れが激しいから……
できれば、お祖父様に喜んでほしいし……」

「マリア……嬉しいことを言ってくれるじゃないか!!
それこそ、愛じゃないか!?
マリア!その気持ちで充分だぞ」

「……」

「なんだ、マリア…納得いかない顔しとるな……」

「マリア様…」

「ん?セバスチャンどうしたの?」

「先日、ご主人様は絵が欲しいと言っていましたが…」

「絵!?そうなのお祖父様?」

「いや…言ったには言ったが……」

「では、そうしましょう!どんな絵が欲しいの?」

「いや、家の廊下に飾る絵が一枚欲しくなったんだが、
どうも気に入る絵がなくてな…」

「お祖父様のことだから、愛をテーマにした絵が好みでしょ
……愛の絵なら、お祖父様は有名画家じゃなくても、
気に入れば無名な学生でも問わないでしょ
………………あぁーーーーーー!!!」

「どうした?マリア」

「お祖父様、いい案が浮かんだわ!!
パソコン貸してくださる?」

「なにするんだ?……おぉ!?
……フムフム……マリア面白いじゃないか!」

最近、父親とのメール交換を頻繁にして
パソコンの扱いが慣れたマリアが文章を打つ……

それを見てローリィーは
ニンマリとした何か企んだような顔を見せる

パソコンには社長の名前でLME全社員、
全タレントに向けてメールを作成していた……

そこには……




『件名:☆重要☆全員参加!!絵画コンクールの開催について』





と書かれたメールが写し出されていた








続く
ーーーーーーー
絵画コンクールって小学生かよ!?って
自分でツッコミいれたいくらいです(笑)

この続きは、来月になります(苦笑)
キョーコちゃんと蓮さんが巻き込まていきます(;^_^A

<訂正>
誤字脱字ばかりだと、通報をいただきまして、
ご指摘いただいた点、訂正しました!
通報してくださりありがとうございました!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。