haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT180-続き妄想  白い鎖 後編

-ACT180-続き妄想

花ゆめ20号をみたら妄想しちゃいました(*^-^*)
ネタバレ要素含みます
コミック派の方回れ右です
↓↓↓↓
















『白い鎖 後編』


黒の息吹は俺を蝕み始めていた


深奥に潜む自分の闇に俺はただ
怯えるしかなかった






「俺と部屋に2人っきりだってわかってるの?」

「……」

「こんなことして……なにされても文句言えないよ……」

「……」

俺の質問に答える声はない。

2人は今、一つのベッドで寄り添っていた……






「……兄さん……私が暖めてあげる」

最初、言われたことも冗談かと思ったが、
最上さんの顔はなにか必死な顔つきだった

俺が抱き締めていたとき
あんなに動いて嫌そうにしていたのに……

最上さんがセツなら俺もカインで返す

「セツ……腕枕してやる」

最上さんの真意が知りたくて2度目の台詞を伝えてみた。
セツはどうするかと思ったが…
真っ赤な顔してセツは

「……いいわよ」

「え?」

思ってもない答えがかえってきて、
彼女はそれを本当に実行した…



だから今、2人は一緒にベッドの中にいるのだが……




(わかっていたけど……やっぱり俺は
男として見られてないのか)

目の前にのんきに寝ている彼女が憎らしい

それでも、近くに感じる彼女の存在は
俺の体と心を温かくしてくれていた

(クスッ……可愛いな……)








悪夢から目覚めた俺は、自然と彼女を求めていた

ベッドの上にいない彼女がいないと心が凍る思いがした

彼女を待ってみてもたった5分がとてつもなく長く感じた

俺は部屋で待てないほど彼女を心から求めていた

そして、俺の魂は彼女を求めさ迷い始めた



最上さんを見つけたときの俺は
彼女をどう閉じ込めておくか考えていた………

正直、それをしたら彼女から存在を
抹殺されるようなことも考えていた


だが………

そんなことしなくても彼女は俺の手元に
自ら収まってくれた…

「う~~ん~~」

彼女が寝返りをうって白い手足を俺に絡ませてきた

(こんな無防備で寝て……
これは、彼女を少しこらしめた方がいいかもしれない…)

寝不足だったのか、俺の腕の中で
すやすや寝てる彼女にイタズラ心が芽生えた……

そして、彼女の首筋に俺の唇を這わせる

「うぅ~~ん~~」

彼女は反応して、俺に巻き付いた手に力が入る。
俺は何処にもいかないように赤い印を彼女につけた

(今日は……このくらいにしておくよ…最上さん)






彼女の白い手足が鎖のように
離れないようになればいいのに……





(明日の反応が楽しみだ)

そう思いながら、俺は彼女を
抱き締めながら深い眠りについた











そして、朝ーーー

彼女の悲痛な叫びで目が覚めるまで、
俺は幸せな夢をみていたのは言うまでもない








終わり
ーーーーー
ここまで読んでくださりありがとうございました\(^-^)/
でも、なんかすいません(;^_^A
シリアルなんだか、なんなんだか…(汗)
迷走作品でした。
最初の妄想から大きくそれてしまいました…(泣)

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。