haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT173-続き妄想 妹のナミダ47

-ACT173-続き妄想

ネタバレ要素含みます
コミック派の方回れ右です
オリジナルキャラでますのでご注意下さい

今回ちょっと長いです……ちょっとだけ…

↓↓↓↓













SIDEキョーコ



私があんなこと言わなければ




敦賀さんを追いつめることはなかったのに……





『妹のナミダ47』





敦賀さんに写真のことを指摘されて
私はなにも言えなくなってしまった

敦賀さんが怒るのは当然のことで、すべて私が悪い…

カインの正体はトップシークレットなのに、
それを知られて黙っていたのだから私には弁解の余地はない

私は、敦賀さんの前で土下座する為に
椅子から降りて、床に正座した

「……なんのつもり?また土下座?」

「謝ればすむ問題ではないのはわかってます……でも……」

「……最上さん……正直に答えて……あの男とどんな関係?」

「……え?」

「ただの同級生じゃないよね?」

「…?…」

(ただの同級生じゃない?何を言ってるの?)

「それともただの同級生を庇うほど、俺の存在は
最上さんの中ではどうでもいいの?」

「…え?」

そう言う敦賀さんの顔を苦痛に顔を歪めていた…

(私、敦賀さんを傷つけてる……そうじゃない…
そんなこと決してない…私にとって敦賀さんはとても大切です)

「そんなこと……」

でも、私はそう言いかけた言葉を詰まらせてしまった。
黙っていたことは事実で、それは弁解の余地もない。
信頼関係を大きく崩してしまった私が
敦賀さんが大切だと言ってもそれは嘘のような
気がして……

敦賀さんが、私のその言葉をどれだけ
聞きたかったかも知らないで

黙っていることが、さらに深く敦賀さんを
傷つけているなんて……

「………」

「はぁ~~……また、黙り?沈黙は肯定だって教えたよね」

「!!……………いえ、私は」

私の言葉を遮るように敦賀さんは強い口調で話出した

「最上さんは、あの男と付き合ってるの?
それであんなことしたんの?」

(え?敦賀さんはなにを言ってるの?)

「君は騙されやすいんだね…以前貴島君の件で
忠告したはずだけど……最上さんは、その自覚がなさ過ぎる……
痛い目みる前に早くあの男から離れた方がいい……
これは最後の忠告だよ」

「………」

「……それとも、もう体を許したの?」

(え?……何言ってるんですか?)

私はその言葉に、体が熱くあるような恥ずかしさと
そんな風に思われていたのかと怒りが込み上げてきた

早く否定をしたくて敦賀さんを見たら
とても、冷たく鋭利な瞳をしていて、
私の言い訳など聞いてくれる雰囲気ではなかった

敦賀さんにこんなひどいことを言わせてしまうほど
私はひどい裏切りをして、ひたすら謝るしかない状態なのに……




私の頭の中は、一瞬違うことがちらついた





「愛し合っていたの」

朝のスカーレットさんとのやり取りを
一瞬思い出してしまった

あの言葉が、私の胸を深く鋭く傷つけていた



なぜその言葉に傷ついたのか……



なぜその言葉が今浮かんだのか……



答えはすぐそこにあったのに…


(敦賀さんにそんなこと言われる筋合いはない…)

その憎しみにも似た感情が、どんな意味か考えもせず、
私は敦賀さんに言ってはいけないことを口にしてしまった





「敦賀さんには私のプライベートは関係ないはずです」






本当はこんなこと言うつもりじゃなかったのに…






つづく
ーーーーーー
なんとなく先が進みました(苦笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。