haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT183-続き妄想 携帯電話から愛を込めて 後編

-ACT183-続き妄想

ネタバレ要素含みます
コミック派の方回れ右して下さいね
社さん視点です!
よろしい方のみどうぞ
《》は電話の会話です
↓↓↓↓
















『携帯電話から愛を込めて 後編』







《社さん………助けてください(小声)》



「へぇ?」

(この声、キョーコちゃんだよな?
それにしてもどうしたんだろう……?)

「キョーコちゃん……どうしたの?(小声)」

何故かつられて俺も小声で電話に向かって話していた

《敦賀さんが……敦賀さんが…》

「え?……蓮がどうしたの?」

《それが……ヒャアァッ!!》

「え!?キョーコちゃんどうしたの?キョーコちゃん……?」




《セツ……俺と寝てるのに他の男に助けを求めるとはいい度胸だな》



(…………セツ?あぁーキョーコちゃんの役名ね!
これ蓮の声だよな)

《兄さん、……そんなつもりは……》

《うるさい……お前にはお仕置きが必要らしいな》

《え!?これ以上なにを?》

《セツが恥ずかしがることだ…》



「…………」

(ぎゃやぁあぁーーー!!蓮が壊れたよ!
キョーコちゃぁん!!)

聖らガールのピンチに俺は心の中で悲鳴を上げた



《に、兄さん!どこ触ってるのよ!!》

《お前のココは触り心地がいいな、たまらない》

《兄さん、止めて!!まだ電話繋がってる》

《それなら聞かせてやればいい》



「…………」

(おぉーーーーーい!!!!!!
キョーコちゃんになにやってんだよ蓮!!!!)

担当俳優の壊れっプリに驚きを隠せないまま、
電話に耳を当て続ける

知ってる2人の会話にドキドキするのは俺だけだろうか?



《って、兄さんどこに手を入れてるのよ!》

《セツはココが気持ちいいだろ》

《あっ、……兄さん》

《クスッ、いい反応だ》



「…………」


(2人は何やってるんだよ!!!なんかわからないけど、
止めないと止めないと!!)

俺は意を決して話かけた

「おい、蓮お前なにやって……」

《ブチッ…ツーツーツー》

俺が言いきる前に電話は激しく切られてしまった。
悲しいかな通話終了の電子音しか聞こえてこない……

「………」

俺は数秒固まり、どうすべきか考えた

(キョーコちゃんと蓮が……キョーコちゃんと蓮が……)

2人がくっつくのは嬉しいはずなのに、
違った方向に行った気がして俺はなんとなく焦っていた

(!!そうだ!!)

蓮の携帯からある番号を見つけ出す。

発信ボタンを押すかどうか一瞬迷ったが、
緊急事態なのだからと思い、思いきって押してみたが………








なんと相手の反応は

《ようやく動きだしたか!!面白くなってきたな!
あぁ~~2人なら大丈夫だ!ほっとけ、ほっとけ》

電話の相手はそうつげるだけだった……




(社長………こうなることを予想してたのか?)





きっかけがなんであれ2人がくっつくのが一番だし、
それに……



「メールのことも一件落着でいいってことか」



そう一人呟くと、安心して俺は眠りについた






そして、その夢の中で、蓮とキョーコちゃんは
ただマッサージしていただけだという夢をみた


勿論、2人はくっついても、
付き合っても思いを伝えてもない夢


そして、俺が間違って送ったメールが
その後2人の間でひと騒動起こる



それが正夢だったと後で知らされることになるなんて……




(やっぱり、俺ってついてない??)





おしまい
ーーーー
さぁ~~この後どうなることやら(笑)
変な終わり方ですいません。。
大好きな社さんを書いてみたかったのです。

間に合ったらクリスマス向けの記事を
載せたいと思います

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。