haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインに秘密を添えて 後編

バレンタインに秘密を添えて

更新大分遅くなりましたすいませんm(__)m
長めです








彼女は知らない

俺の気持ちを…





『バレンタインは秘密を添えて 後編』





「敦賀さん…?お仕事大丈夫ですか?」


寒い夜空の下…

俺は、彼女を後ろから抱き締めていた…

「敦賀さん……」

「うん?」

「は、は、は、は、離してもらえませんか…////」

「…クスッ、嫌だ」

「えぇえ!?…困ります!!
誰か見てるかわかりませんか…ら……!!////」

彼女の言いたいことを遮るように
彼女を強く抱き締めた……

「…最上さん…答えて…何故今年はチョコレートだったの?」

「……え?」

「チョコレートは、“気持ち”を込めたって言ってたよね」

「……そ、それは…」

「……あのチョコレートは本当に……本当に俺にくれたの?」

あまりのことに自分でも抑えきれないほど、
早口になってしまった


「………………………はい」


長い沈黙の後、彼女は小さい声でそう呟いた



「………………最上さん…」

そして、そっと彼女を離し彼女と正面から向き合った

彼女と見つめ合う……

彼女の頬がほんのり赤くみえる

その様子は俺は嬉しさが込み上げてきて……


顔がにやけそうだったのを、
恥ずかしさから手で自分の顔を隠して
目線を反らしてしまった

嬉しさから込み上げてくる毎度の行動だったのだが…



その姿を彼女がどんな思いで見てるか俺は気付いていなかった……




今どんな風に感じているのか彼女の気持ちを知らずに、
ここにきた理由を……



肝心な一言を告げようとしたその瞬間


「最上さ…「敦賀さん!仕事は大丈夫なんですか!!??」」

俺の言葉を遮るほどの彼女の強い声で俺の動きは止まる…

「………!?…あぁ、日にちが変更になったから大丈夫だけど…」

実は、電話で社さんにお願いして
日をずらしてもらったなど言えない雰囲気だ

「最上さ…「それに、敦賀さん!突然現れて
後ろから抱き締めるなんて、誰かに見られていたら
どうするんですかーーー!!」」

「……最上さん?」

「超人気俳優なんですよ!
回りの目を気をつけて行動して下さい!!それに……」

「それに……?」

「こういう行為は好きな人にして下さい…」

「え……?」

さっきまで強い口調と目線を俺に向けていたのに、
今の言葉は力がなく、瞳は物悲しさを語っていた

「チョコ見たんですよね……?
だから怒って私に嫌がらせしにきたんですよね…」

「ーーー!!??ーーー」

まさか俺の行動がこんなに湾曲して伝わるとは思わず
唖然としてしまった

「も…最上さん?」

「いつも、チョコ以外を渡していたのに、
今年は甘いチョコで申し訳なく思います
……すいませんでした……」

「………」

「でも、敦賀さんをこんなに不愉快にさせるつもりは
なかったんです………敦賀さん…
今回のチョコ無かったことにして下さい!!」

「……無かったことに?」

「はい!本当に申し訳ありませ……ん……敦賀さん!?」

「無かったことになんかさせない……」

「……!?……つ、つ、敦賀さん」

今度は正面から彼女を抱き締める

腕の中で動揺する彼女…

「チョコレート……食べたよ」

「え?…えぇえぇえ!!!!私の、のチョコですか!?」

「そう……最上さんの」

「……/////」

「……最上さんにそのことを聞く前に、
俺から最上さんに伝えたいことがあるんだ」

「伝えたいこと……?」

「…………俺は最上さんをずっと前から好きだった」

「!!??」

「俺の気持ちはずっと胸に秘めた秘密だった……
でも、俺だけじゃなかった…最上さんも秘密を持ってた
……その秘密を最上さんの口から教えて欲しい」

身体を少し離し彼女と再び正面から向き合う…

彼女の綺麗な瞳が俺だけを写し出す…

「……最上さん……教えて」

彼女は、恥ずかしがりながらも唇が動いた……

「  」

俺にしか聴こえない小さな声で
彼女は囁いてくれた



甘いそして、切ない声で

 

俺は再び彼女をありたけの力で強く抱き締めた 



もう離さないという気持ちを込めて




バレタインには奇跡が起こる

彼女がチョコレートの中に隠した2文字…

それは俺への最高のバレタインの贈り物になった









ーー翌日ーー

「で?なんでキョーコちゃんは、チョコレートを渡した理由?」

「……社さんの一言が原因みたいですよ」

「へぇ?ぉおれぇ!?」

「はい…そうみたいです」

あの後、彼女に聞いてみたら、



「社さんから
“敦賀さんは貰ったバレンタインのチョコは全部食べない”って聞いて
……一か八か、私の気持ちをチョコに隠しました。
敦賀さんが私のチョコを食べなければ、
気持ちは一生言うつもりはありませんでしたけど……」

そう言い終わると…

彼女は…



「気付いてくれてありがとうございました」


と胸が高鳴るような笑顔を見せてくれた


そのとき、俺がどうにかしてしまいたいと思ったのは、
今の彼女には言えない秘密になった





おしまい
ーーーーーー
難産でした(汗)
こんなに時間かかってごめんなさいm(__)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。