haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT173-続き妄想 妹のナミダ49

-ACT173-続き妄想

ネタバレ要素含みます
-ACT173-は29巻に掲載されました。
29巻を読んでいないコミック派の方回れ右して下さいね
オリジナルキャラでますのでご注意下さい
↓↓↓↓↓













SIDE蓮




もう俺は




後戻りが出来ない状態だった






『妹のナミダ49』





「確かに関係ない……なら関係をもてばいい」




そう言い放った俺はすでに敦賀蓮ではなくなっていた

「敦賀さんには私のプライベートは関係ないはずです」

その言葉はあの男との関係を認めているように思える


そして、その言葉は目の前の俺を突き放したいように思えた




そう、まさに拒否だ



彼女の声色と真剣な表情が拒絶の色を強く表していた

その認めたくない現実を目の当たりにしたとき、
俺の何かが壊れた

それが、敦賀蓮という仮面だっとすぐにわかった

俺は顔を手で隠し、自分の中でどす黒い感情を抑えられなくなっていた

今までは抑えようと必死だったはずなのに……



俺はそれすらも諦めた


彼女の拒絶の言葉に

敦賀蓮でいること

彼女の優しい先輩でいること

彼女を守る存在でいること



その全てを……


彼女が俺をみて恐怖で顔色は最悪だ…

(責任はとってもらうか)

自分の醜い欲情や感情を俺は解放した

「逃げればいい……逃げれるならな」

「………」

彼女は俺から逃れるように震えた足でゆっくりと
後ろに下がっていく

でも、瞳は俺を捕らえたままだ

俺に背を向ければどうなるか無意識に分かっているのだろう

(その態度も気に入らない)

俺はジリジリと彼女を追い詰めていく……

ーーーードンッ

「ーーーー!!ーーーー」

彼女がホテルの部屋のドアに背をぶつけた

俺はドアに両手をついて彼女をドアとの間に閉じ込める

彼女は俺を下から見上げ大きな瞳で捕らえて離さない


これからその瞳は大粒の涙で顔を濡らすことになる……





「さぁ……始めようか」







つづく
ーーーーーー

この先、展開大丈夫かしら?(汗)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

◆1話から読み直して

きましたー!!(‘▽’)ノ♪

最新話に辿りついてみれば!

きゃー!始まっちゃうのですか!狂乱の時間が!

キョコさんが心配ですー!!

(顔を手で多いつつ、指の隙間からガン見)

続きも楽しみにしてます!

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。