haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT173-続き妄想 妹のナミダ10

-ACT173-続き妄想

ネタバレ要素含みます
コミック派の方回れ右です
オリジナルキャラでますのでご注意下さい
【】内は、英語で話しています
↓↓↓↓












SIDE蓮



彼女にとって俺はなんだろう?


俺にとって彼女は……



『妹のナミダ10』



カインになって1人、撮影待ちをしていた。
そんな中、地下駐車場でのことを思いだしていた。


「敦賀さんが、極秘ミッションを口外するような方だとは
思っていませんでした。誰が聞いてるかわかりませんから
以後気を付けて下さい」

あのときの最上さんは、まるで嫉妬してるように思えた。
でも、きっと…
仕事に関して怒っていたんだろう。。



「はあぁ~~~」


……彼女のことをもう考てはいけない。
もう、彼女への思いは封じ込めなくてはいけないのに…

俺とスカーレットは、やり直すことになった。
……彼女の条件付きではあるけど。。

【復讐のはじまりよ】

彼女がやり直すことが望みなら俺は受け入れるしかない
……それが、復讐だとしても。。



それにしてもスカーレットが、社長に会ってるとは知らなかった。

(社長も一言言ってくれればいいのに…)

カインと雪花の危ない仕事は、俺はスカーレットに教えていない。
俺に会う前から知ってたようだ…。
あの人も人を見て言ったのだろうけど、
あまり口外しないでほしいもんだ。

きっと、最上さんと、特別に2人だけで過ごすことができるのは、
この仕事で最後になるだろう。

頭では離れることがわかっていても、心が無理だと呟く。。
叶うならば、ずっとそばにいたかった……

でも、俺は許されない人間なのだから…



(……時間がかかるが、スカーレットの為に最上さんへの思いを

断ち切るしかない)

俺は、最上さんを忘れる覚悟を決めたとき…


最上さんは目の前に、置かれた三枚の写真に苦しめられていた


つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。