haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の下で 第5話

桜の下で

注意!!オリジナルキャラでます。
嫌な方は、回れ右して下さい。大丈夫な方は下へどうぞ♪
↓↓↓↓










(あの6組ってひょっとして……………!!!?)


『桜の下で 第5話』

特設ステージに並んだ8組16人の人達。

(2組は知らない人達だけど、捕まえた鬼って、
敦賀さんとセバスチャンさんと、
モー子さんと天宮さんと、マリアちゃんと
後……社さん!?!?)


「ここに並んでるのは、鬼と鬼に捕まった者だ!!
鬼はなにか俺に頼みたいことがある者はいるか??」

「…社長」

「なんだ蓮?」

「ここにいる、ラブミー部の2人、マリアちゃん、
社さん、セバスチャン、俺を含めた6人は、
社長への要望が同じなのですが…」

「どんな要望だ?」

「俺達が捕まえた人達を、クビもしくは、減給を要望します」

「ほほぉ~~、それはまた物騒だな」

社長はニタニタ笑ってるけど、会場はざわざわ騒ぎだした。

(みんなが捕まえた人達って…やっぱり…)

「女性に対するセクハラ行為は、許される問題ではないと思いますが…」

(私のお尻触った人や、そのとき周りにいた人!?)

「どう思います?山川さん?」

(敦賀さんも、笑顔怖いから……)

「私には、妻と子どもがいるのでクビだけはどうか勘弁して下さい」

「だいぶ酔いがさめたようですね、山川班長…」

「ヒィッ!!セバスチャン、どうかぁ~許して下さいぃ~」

「謝る相手は、私ではないんじゃないですか?」

「モォーー!被害者の子にまだ謝ってないでしょ!!!!
それに、私にも触ろうとしたわよね!!」

「悪かったよ!謝るから…!!」

「謝って済む問題ですの??お姉様達に、嫌な思いさせて、
謝ってすませようとしてるところが、嫌ですわ!おじい様、
断固クビにして下さい!!」

「私も、同感です」

(蓮に、無理矢理参加させられて、知らずに捕まえた相手が、
そんな奴らだったとは……許せん!!でも、
マリアが言ってるお姉様ってやっぱりキョーコちゃんなんだよなぁ~~)

「要望は、わかったが、山川くんはじめ、
剣崎くんや他の人員も優秀な警備員なんだがなぁ~~。。
まぁ~要望だから仕方ないか……………
山川くんは、解雇。剣崎くんは謹慎処分、他4名は減給処分にする」

「「「「「「そっ…そんなぁ~~」」」」」」

6人は、情けない声を出しながら、力なく床に座りこんだ。

会場は、セクハラがあった事実と、社長が出した辞令にどよめいていた……

(みんなの気持ちはありがたいんだけど……
なんかあの山川さんなんて泣き崩れてるし…
家族もいるからちょっと可愛そうになってきたなぁ…)

「この、辞令に異論があるものがいれば、
今なら聞き受けるけが、どうだ?」

会場は静まりかえる。
「では、その…「すいません!!」」

「なんだね、最上くん?」

「ちょっと言いたいことがあるのですが…」

社長に来いとジェスチャーされて、マイクを受け取った

「あのぉ~~被害者の京子です」

(やっぱりキョーコちゃんだったか…)

会場がざわめいた

「確かに、お尻を触られて嫌でしたが、
クビはちょっと可愛そうかと思いまして……」

「最上様!」
「キョーコ!」
「お姉様!」
「京子さん!」
「キョーコちゃん!」
「……」

「みんなの気持ちはありがたいです。
でも、謝ってもらえれば私は大丈夫ですし、
それに、クビになって他の会社に入って女の子が
またセクハラされたら可愛そうですし、それなら、
うちの事務所で再発しないようにみんなで
注意してあげる方がいいかと思いまして…」

「……最上くんがそれでいいのなら、他の者がとやかく言えんな」

「最上さんがいいなら俺はいいですよ」

「グスっ、京子さん!!あ…ありがとう!!」

っと、近付いた瞬間

「もう二度と最上様に近付かないで下さい」

「二度はないですよ」

恐ろしく黒いオーラの2人がそれをさえぎった。
6人の男達は土下座をして謝るしかなかった。
その様子をみた会場にいた人達は……

(((水戸●門様みたいに、みえるのは、自分だけだろうか……?)))


後に、山川さんに3ヶ月の減給と剣崎さんに
1ヶ月の減給が言い渡された。社長には、
「あいつらには、ちょっと困ってたところだったんだが、
いい薬になった!最上くん、ありがとう!!」
っと、言われたのは、それからしばらく後の話。。

ところで、敦賀さんはというと、

(予想通りにはなったが、首謀者には、
クビになった方が良かったんじゃないかっと
思うような生き地獄を味わせてやる)

などと、笑顔の下にそんな思いを隠していたとは、誰も知らなかった。




また、続きます
ーーーーーーー
色々すいませんm(__)mフィクションなので、許してください(-_-;)
そして、まだ続いてます!!後、2話予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。