haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT173-続き妄想 妹のナミダ11

-ACT173-続き妄想

ネタバレ要素含みます
コミック派の方回れ右です
オリジナルキャラでますのでご注意下さい
↓↓↓↓












SIDEキョーコ



私はこの三枚の写真の本当に意味を


わかってなかった……



『妹のナミダ11』



翔太さんは部屋に入るなり三枚の写真を手渡してきた
「これなにかわかるよね?」

(これって……!!!??)

そこには、ワゴン車に入っていく敦賀さんの写真と、
同じワゴン車に入っていく私の写真。
そして、2枚の写真と同じワゴン車から出てくる
カインと雪花の写真だった。

「ワゴン車を追跡調査してもらったけど、
君たちが入った後、ワゴン車から敦賀蓮と最上キョーコが
出てきた形跡がないらしいんだ…」

翔太さんが、写真から私に視線を合わせ、微笑みながら

「どういうことか説明できるかなぁ~?」

私は、なにか言わなきゃいけないとわかっていても、
私は、なにも言えなかった……

「沈黙は肯定だよ」

…敦賀さんの言葉が頭をよぎる。。

(どうしよう……敦賀さん…)

自然と手を強いぐらい握り締めていた

「認めるのかなぁ?最上キョーコちゃん……
いや、雪花・ヒールちゃん」

「……」

「認めないなら、この写真出すとこだすよ、
その意味わかるよね??」

それは、ヒール兄妹の危機を示していた。
カイン兄さんが……敦賀さんが、降板になるかもしれない…

(それだけは、ダメだ…)

「……なにが、…目的なんですか?」

「やっと、認めてくれたね。
でも、びっくりしたよ!カイン・ヒールが敦賀蓮だったなんて…」

「探偵まで雇って、どうしたいんですか?!」

伏し目がちだった顔を上げ、翔太さんに目を向けてみると…

少し寂しそうに微笑んでいた

(ーーーーーーーえ!?)

「これ、俺の携帯番号だから…」

1枚の紙を渡された

「連絡するからちゃんとでてね!!
後、このことは誰にも言わないようにね」

そういって、ラブミー部の部室の扉から出ていく瞬間
「誰かに言ったら、わかってるよね?」

不適切な笑みを浮かべて、翔太さんは出ていった

(ーーーーー……一体何なの!!??)



私はまだ、知らなかった。

翔太さんの真意を……



つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。