haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT173-続き妄想 妹のナミダ12

-ACT173-続き妄想

ネタバレ要素含みます
コミック派の方回れ右です
オリジナルキャラでますのでご注意下さい
↓↓↓↓












SIDE社



俺は、もう少し気にかけるべきだったかもしれない


キョーコちゃんの様子がおかしかったことに……



『妹のナミダ12』



(あれ?キョーコちゃんだよな)

事務所に資料を探す用事があって、
来てみたら、キョーコちゃんをみかけた

(見てる本って確か、蓮の誕生日調べてた、
タレント名鑑だよなぁ~~)

彼女に、一歩一歩近づいていく

「キョーコちゃん!!」

「!!!」

かなり驚いた様子で、勢いよく見ていた本を閉じた

「社さん、おはようございます……今かなりびっくりしましたよ」

「ごめんね、キョーコちゃん!そんなに驚くとは思わなくて…」

偶然会った、俺とキョーコちゃんは移動しながら話をした

「ところで、あそこでなにしてたの?」

「ちょっと、調べたいことがありまして…」

(キョーコちゃんのことだから誰かの誕生日でも調べていたのかなぁ?)

「そういえば、社さんはどうしてここへ?」

「蓮に頼まれた資料がここにあってね……
でも、これってなにに使うのかなぁ?」

(“はじめての日本語”って、仕事仲間にでも日本語教えるのかなぁ?
それに、今まで蓮が出演してたドラマや映画のDVD数本…自分で観るつもりか?)

「……」

「返答に困るよね?ところで例の仕事は順調なのかなぁ?

キョーコちゃんのことだから、しっかりサポートしてくれてると信じてるけど…」

「……」

「……キョーコちゃん?」

「……」

「お~い!!キョーコちゃん?……キョーコちゃん!!」

「あっ!!すいません…ボーっとしてました」

キョーコちゃんは、いつも通りの綺麗なお辞儀で謝ってくれて、
その後はいつも通り話してた。

様子がおかしいことには気が付いたけど、
俺が気が付くなら、一緒に生活してる蓮が
ほっとかないだろうと思っていたんだ…


その蓮が、これから撮影以外はあまりキョーコちゃんと
一緒に過ごさないなんて思わなかった


そして、これからあんなことが起こることを俺は知らないでいた





つづく
ーーーーーー
初社さん、サイドでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。