haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敦賀先生シリーズ ケース2

敦賀先生シリーズ

私には、先生がいて、私はその人の弟子である。


そして、先生は、私の…………




『最高級イタリア料理店 LME 敦賀シェフ』


調理場には、綺麗に食材を彩られた一枚の皿

「…これはどういうつもりだ?」

「え……」

「素材を活かしきれてない上、
見栄えが悪くて、お客様に出せたもんじゃない…」

「すいません…シェフ」

「作り直し」

「ハイ、シェフ」

「光が変わりに作れ」

「え!?俺?!この後、鯛を焼かないと…」

「シェフ、私にもう一度作らてください」

「時間の無駄だ…光、口答えせず作れ」

「……はい、シェフ」

「最上は、前菜用野菜でも水に浸しておけ」

「……はい、シェフ」

調理場では、緊迫した空気が流れていた。
私は、この調理場では、半人前の身で、
シェフには、毎日怒られていた。

「キョーコちゃん、あんまり気にしないで(小声)」

「すいません、光さん(小声)」

先輩の光さんには、半人前の私のせいで、
いつも迷惑かけてた
……それを許してくれる優しい先輩

「……無駄口たたかず、手を動かせ」

「「……はい、シェフ」」

いつか、立派なシェフになるのが、私の夢…
でも、いつもみんなに迷惑かけてる私の夢は長々遠くて…






「ハァァ~~~~~」

「大きいため息だね、キョーコちゃん」

「今日も、シェフ怖かったな!キョーコちゃん!!」

「確かに!」

「お疲れ様です!光さん、慎一さん、雄生さん」

「おう!これから、みんなで食事でも行って
うさでも晴らそうや!!キョーコちゃん」

「あっ…はい!!みんなで行きたいです」

「……みんな、お疲れ様」

「わぁ!!……シェフ!?びっくりしたじゃないですか!?」

「光は驚きすぎだろ…ところで、みんな帰らないの??」

「これから、俺たち食事いこうかと思いまして…」

「最上もいくの?」

「……はい」

「そう……」

「……シェフもいきますか?」

「最上がいくなら俺は行かない方がいいだろ」

「「「え?」」」

「……」

「いつも怒るシェフがいたら、
楽しんでご飯食べれないだろ……
それに、社さんと約束あるからね」

「……そうですか…」

「それじゃ、みんなお疲れ様」

「「「「お疲れ様でした」」」」

ーーーーーーガチャン

「……キョーコちゃん、敦賀シェフは天敵やな」

「ハハハ……人生の中でそんな相手も1人はいるやろ」

「キョーコちゃん!!美味しい店知ってるから、早く行こ」

「……はい」







「ごちそう様でした!!」

「キョーコちゃん美味しかったやろ!!
日本人は和食がやっぱり落ち着くなぁ~~」

「おいおい!イタリア料理店のコックがよく言うよ」

「リーダー、コックは仕事だから、また別や」

「そだな~」


ーーーーーーガチャ

「あれ~~キョーコちゃんに、石橋トリオじゃない?」

「え!?社さん!?なにしてるんですか?」

「なにって、ここでご飯食べてたんだけど…」

「って、ことは敦賀シェフと一緒ですか?」

「よく知ってるね!!今、会計してるとこ」

「……皆さん、今日はありがとうございました!!
楽しかったです、では、お先に失礼します」

「え?!キョーコちゃん??」

スタスタスターーーー

「やっぱり2人は天敵やな」

「なんの話?」

「キョーコちゃんと敦賀シェフは
なんであんな仲悪いのかと思って…」

「仲悪いの?」

「社さんはホールだから知らないかもしれませんが、
いつもシェフにキョーコちゃん怒られっぱなしですよ」

「でも、アイツの罵声は愛情の裏返しだからなぁ~」

「「「え?」」」

「なにを話てるんですか?」

「…蓮、あんまりコックさんイジメるなよ」

「その話ですか……最上は?」

「もう帰ったよ」

「そうですか……俺も今日は帰ります…みんなまた明日」

「おやすみ~」

「「「おやすみなさい」」」









私が帰りのバスを待ってると横に
座ってくる男の人が1人…

「……」

「……」

「キョーコ」

「私は、辛いです…私がダメなコックだから
シェフが怒ってるって、わかってます」

「……うん」

「…でも、好きな男性に怒られる女の気持ちに
どうしてもなってしまうんです…だから苦しい」

「キョーコ」

「みんなに内緒なのはわかってますが、
仲の悪いフリも辛いんです…」

「キョーコ……じゃぁ~皆に言っちゃう?」

「…え?」

「キョーコも辛いし、俺も皆の前で、
イチャイチャできなくて困る」

「な、な、な、~~なにいってるんですか!?」

「それに、自分の女が他の男と食事にいくのも気に入らない」

「いや、先輩たちですし…、みんなで行きましたし」

「……キョーコはそっち方面は鈍いからね」

「なんのことですか?」

「……なんでもないよ」

頭を大きな手で撫でてくれた。
私はこの手が、大好きだ。
シェフの顔を覗くと、優しい顔で私を見つめてくれる。
その笑顔も好き……

「やっぱり、皆に言うのはやめましょう!だって、
シェフと私がクビになっちゃいます!」

「……キョーコはそれでいいの?」

「公言できないのは残念ですが、
クビになってシェフに指導してもらえないのはもっと嫌です!!」

「クスっ、キョーコらしいね」

「誰かさんが、調理場での恋愛を禁止しなければ、
こんなことにはならなかったんですよ…」

「キョーコに会わなければ、今もきっとそう思ってたよ」

「私のせいですか?」

「そうだよ…だから責任とってもらおうかな」

「へ?」

シェフは、私の頬に一つキスを落とした

「……」

「そんな顔されたら、我慢できなくなりそうだ」

「!?」

「早く2人きりになりたいなぁ~~タクシーで帰っちゃう?」

「……シェフったら」

シェフは、私の肩を優しく抱き寄せてくれた。
嬉しい時間がずっと続けばいいのに……



その2人の様子を光さんに見られていたなんて
全然気が付かなかった………




続きません…



ーおまけー

「役とはいえ、敦賀さんに
料理のダメ出しされる日が
くるとは思いませんでした」

「俺もそう思う」

「敦賀さんにシェフの10分の1でも料理に
関心があったら良かったのに」

「俺には、ラブミー部のコックさんがいれば充分だよ」

「確かに、頼まれればたまには作りますけど…」

「一生作ってくれればいいのに…」

「?なんか言いました?」

「……最上さんのご飯が食べたいなって言ったの(一生)」

「それならお任せください!!」

「まかせたよ(一生)」

「はい!!」

人気俳優の罠ともしらず、承諾してしまう、
キョーコさんでありました



ーーーーーー
長くてすいません(^_^;)
韓国ドラマ『パ/ス/タ』を見ていて妄想しちゃいました。
でも、蓮さんがシェフて無理ありますね(;´д`)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。