haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT172-続き妄想 壊れた関係  sideR

-ACT172-続き妄想

ネタバレ注意です。
コミック派の方は回れ右です
↓↓↓↓

















「私をどうにかしたいっていってます?」

最上さんに言われて驚愕した。
彼女がこんな顔するなんて…
表情、声のトーン、雰囲気までいつもの彼女とは別人のようで…
俺の胸はザワついていた。

自分で彼女を欲しているのがわかる。
でも、きっと彼女は素の最上さんじゃい気がする。。
では、なぜ今役に入る必要があるんだ?

最上さんの真意はわからないけど、
危惧するべきは、こんな彼女を貴島に渡せないということ。
貴島の前で今の彼女を見たらきっと離しはしないだろう……

そう思うだけで、胸がキリキリする。





『-ACT172-続き妄想   壊れた関係 sideR 』





「つる…」
「それってどういう意味かわかっていってる?」


彼女が誰かのものになってしまうのを想像したら、
胸が苦しくなってきた。
ちゃんと、わからせないと離してあげれそうもない。
だから、意味をわかっていってるのか聞いてみた。

役に没頭してるなら、
きっとまだ同じようなトーンで返しがくるかもしれないし、
役が抜けたら土下座でもして謝ってくるかもしれない…



そう思ってたのに




彼女は固まってしまった。







役がついていたわけでもなく、彼女自身だったんだと知り、
俺は手を出さずにはいられなかった。

俺の手が彼女のあごを撫でる。
唇に触れたい気持ちを抑え、彼女に告げる



「最上さん、後で君の時間と身体を貰うよ」




そんなこと言わせたのは君なのに、顔を青くして、
面白くない反応をみせのはヒドイと思うけど……
怖がらせたいわけじゃないので、いつものように笑ってみせた。


「インタビュー終わったようだね。行こうか」



君の表情はとても安堵の表情を浮かべていて、
俺はそれがムカついて、わざと少し低いトーンで、

最上さんの耳につぶやいた。


「インタビュー終わったら、わかってるよね?」


彼女の目は、驚愕の色がにじみでていた。
そんな顔しても、逃がしてあげられそうにない。



君が、今までの俺たちの関係を壊したのだから……



インタビューブースに向かいながら、俺は彼女に意識を集中していた。


この日を境に俺たちの関係は変わっていく…


いや、変えていく…



END

_______________________

蓮さんSIDEでした。 

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。