haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT173-続き妄想 妹のナミダ17

-ACT173-続き妄想

ネタバレ要素含みます
コミック派の方回れ右です
オリジナルキャラでますのでご注意下さい
↓↓↓↓










SIDE社


キョーコちゃんの様子はおかしかった


でも、まさか蓮までなんて思いもしなかった



『妹のナミダ17』



今日は久しぶりに蓮と夜一緒に動いていた。
カイン・ヒールの後に、敦賀蓮としてホテルで
雑誌のインタビューの仕事があったから…

(DARK MOONが称賛の嵐だったからなぁ~~
新しい敦賀蓮の一面を引き出したっていうけど、
きっとカイン・ヒールを知ったらみんなびっくりするだろうな)

「社さん、変な笑い止めて下さい」

「蓮……年上のお兄さんに向かってなんてこと言うんだよ」

「その顔止めてくれれば、俺もいいませんよ」

「だって、いつか知る皆の驚く顔を思い浮かべると
………プーーー!!」

「2人きりでもその話はここまでですよ」

「はいはい」

2人で並んでホテルの部屋が並んだ廊下を歩いていた。
たしかに誰が聴いているかわからない。注意に越したことないが……

(前はこの秘密のミッションには気が重かったけど、
蓮の変身ぶりや、キョーコちゃんと夜2人きりなんて
やっぱりこんなネタ楽しまなきゃ損だよな!!
グフフフ~~、蓮には気の毒で悪いけど、
俺の中で楽しせてもらうぞ)

「まだ顔治ってませんよ」

「あぁ~~悪い悪い」

(そういえば、蓮のカイン姿は見たことあったけど
妹のキョーコちゃんの変身は見てなかったなぁ~~)

俺は一度、カインを見ていた。
マネージャーとしての確認事項だからと社長は言うけど…

「ばったり会ってもしっかり素知らぬ顔しろよ」

(まぁ~~あの姿の蓮に心配しなくても
気さくには話かけられないですから…社長)

確認したのは妹ができる前だから、
俺はキョーコちゃんの変身を知らない。
蓮はもちろん教えてくれないし…

(俺だって、キョーコちゃんの変身っぷり
見てみたいよ……………………ん!?)

横に歩いてたはずの蓮が気がついたら
俺の3歩後ろほどで止まってた

「おい……蓮……?」

蓮がその場で、固まっていた。
驚愕な面持ちの蓮が見ていている方向には部屋からでてきた
、あっけにとられる程黒一色のキツイ格好をした若い女性と、
清潔感がある真面目そうな若い男性がでてきた。
どうみてもミスマッチな組み合わせだ。

(女の子のほうは格好すご過ぎ!!!
男の子はそれに比べたら普通だけど………
え!?こんな人前であんなことして、2人は恋人同士!?)

女性の様子は、いたって普通だった。
男性は、喜んでいるのをみると…

(………あれは、付き合ってるな)

女性が男性とわかれ、こっちに歩いてきた。
こちらに気が付いたようで、
歩きながら少し目が見開いたのを感じとれた

(あんな格好してても敦賀蓮には驚くんだなぁ~)

些細な反応は見せたものの、
女性は俺たちの横をなにも言わずに通りすぎていった

蓮は女性が行った方向を見つめていた

(ん?蓮?)

そして蓮は、再度前を向き女性の背中を
じっとみつめる男性をとても冷たい目で睨んでいた。
そのとき、蓮が嫉妬で歪んだ心で彼を
みていたとは全然知らなかった

「社さん、すいませんが5分下さい」

「え!?おい……蓮!?」

蓮は、一言だけ話して女性が歩いていった方向に駆け出していった



俺は、あの女性がキョーコちゃんだってまだ知らなかったんだ



つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。