haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT173-続き妄想 妹のナミダ20

-ACT173-続き妄想

ネタバレ要素含みます
コミック派の方回れ右です
オリジナルキャラでますのでご注意下さい
↓↓↓↓











SIDEキョーコ


傷付いた気持ちの理由を知らないふりをしていた


それも、限界に近付いていた


『妹のナミダ20』


昨日、敦賀さんは結局部屋には帰ってこなかった

(なにかあったのかなぁ?)

でも、自分で敦賀さんに連絡を入れることができないでいた・・・




今日は、ナツの仕事が入っていたのでまた、あの地下駐車場に来ていた

(確か、ここで・・・)

思い出したら気が重くなってきた。最近、心が闇に捕まれてしまう。気持ちを切り替えたとき、声が聞こえてきた・・・

「・・・それで・・・だね」

「・・・ええ」

(この声、敦賀さんとスカーレットさん?!)

声を聞いた途端私は、反射的に柱の影に隠れてしまった。ここからだと、会話は途切れ途切れしか聞こえない。立ち聞きするつもりはないのに、足が動かない・・・

(こんな早く、2人で一緒ってことは・・・)

ここから、一刻も早く消えたかったけど、足が思うように動かない。柱から渋々2人の様子を伺うと



そこには驚愕の光景が目に飛んできた







今、仕事も終わりホテルの部屋で1人・・・

(ナツにはなりきれたけど、みんなには心配かけちゃったな)

撮影現場が終わって控え室を出た途端、泣いてるのをみんなに見られてしまったから。気がついたら自然に流れてきた涙だった・・・

「コーンもう少し私に力を貸して」

部屋の中で、コーンを握りしめてはいるが、悲しい気持ちは薄れる様子がない

「コーン・・・・・・コーン・・・・・」

気持ちが闇に傾きかけたとき、一本の電話が私を救ってくれた





つづく
ーーーーーー
キョーコちゃん、まだまだ続きます・・ごめんなさいm(__)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。