haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の執事 第3話

私の執事

ハチ公前に集合して

私の課題が始まった


『私の執事 第3話』


SIDE キョーコ


ーー現在 AM10:00

セバスチャンさんと一緒に
待ち合わせ場所のハチ公前にいるけど、
通行人にちらちらみられてる気がする・・・

(ピンクツナギでもないのにやっぱり可笑しいの!?)

「敦賀様はきっと大変でしょうね」

「敦賀さんがなにが大変なんですか?」

「最上様があまりにも綺麗なので、
きっと一緒にいてもどこにも行かないように目が離せないでしょうね」

「!?・・・もし、私が綺麗にみえる奇跡がおきてるなら
セバスチャンさんの後輩さん達の力ですよ。
だから、今だけの話です」

「では、今は敦賀様のかわりに私がどこにも行かないように
目を離さないようにしてないと・・」

「!!」

セバスチャンさんは、自分の腕に私の手をそわせた

「今日は恋人同士ですからね・・・それらしくしないと」

「・・・はい」

(こんなこともさりげなくやれるのは、
女性の扱いに慣れてるからかしら・・・
私は戸惑ってばかりだよ)

なんて、思ってたら社長に仕えてそうな風貌の人が近付いてきた

「最上様、こちらが課題になります」

渡されたのは1枚の封筒だった・・・

私は意を決して中身を開いてみたものの、
中身の内容は私は驚きと呆気にとられてしまった



<恋人役と、1日疑似デートをすること

課題をきちんと取り組んでるかの確認に、
2人の様子を1日密着させてもらう

今日、1日2人は誠一と美保と呼びあうこと>




(・・・なんなの、この課題!!密着って!?
記録するの!?恥ずかしすぎる!!)

私は明らかに困惑した顔をしていた。

恥ずかしさと、社長の理不尽さに、
訳がわからず、正直もう帰りたかった

「最上様、社長は意味のないことはしませんよ」

「いえ、絶対私で遊ぼうとしてます」

「もし、そうだとしてもきっと最上様の為になることだと思いますよ」

「・・・で、でも」

「他の2人も、社長の理不尽に文句をいいつつ
無事やり遂げたと聞きましたよ」

「モー子さんと天宮さんがですか?」

「ええ」

2人もきっと社長の理不尽な課題と闘ったかと思うと、
私も頑張らなきゃという気持ちになった

「・・・・・・・・解りました!不肖、
最上キョーコ頑張らせて頂きます!!」

「クスッ、では、今から始めましょう!!
・・・・・よろしくね。美保さん」

「はい、誠一さん!!」


そして、私の課題が幕をあけた



つづく

ーーーーーーーーーー
男性の名前は聞き覚えがあるかもです・・・・
女性の名前が本誌の載ってたかと思い見てみたのですが
私は気づかなかったので、勝手に決めちゃいました
どなたか知ってたら教えてくださいm(^^)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。