haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-ACT173-続き妄想 妹のナミダ29

-ACT173-続き妄想

ネタバレ要素含みます
コミック派の方回れ右です

オリジナルキャラでますのでご注意下さい
↓↓↓↓











SIDE蓮

俺は彼女の隠し事に

気付くことができなかった


『妹のナミダ29』


久しぶりに部屋で2人一緒になったが、
部屋には重たい空気に包まれていた

俺のせいで、今にも泣き出しそうな彼女

軽井沢でビビらせて可哀想な思いをさせたのに、
俺は懲りてないようだ

最上さんにそんな顔させたい訳じゃないのに・・・




でも、俺から逃げないでくれて嬉しかった。
扉の前で部屋にためらっていたのを感じて、
俺の気持ちを一層不安にさせた。
きっと逃げられていたら、どんなことをしても
捕まえて彼女に酷なことをしてたかもしれない・・・・

カインを演じ出してから、自分でも気が付かないうちに
久遠の狂暴性が出てきてしまう。
敦賀蓮ではしないことを、カインだと平気でできるせいなのか・・・

さっきも他の方法があったはずなのに・・・

カインとして動いていたのか、久遠だったのか、
自分が誰なのか見失いそうになる

(この手は許されても人を傷つけるしかできないのか・・・)

自分から、振り上げた手を見つめる・・・

「敦賀さん!!」

「!?」

「大変申し訳ありませんでした」

振り向くと、最上さんが地面に正座して
俺と目があったとたん、素早い動きで土下座した

「どうして謝るの?」

謝る理由は大体見当はついていたけど、
返答によっては自分を抑えられないかもしれない

「留守を預かってる身分で部屋をあけてしまいました。
しかも、鍵をフロントにも預けず、
連絡もしないで敦賀さんを煩わせて、
大変申し訳ありませんでした」

土下座しながらうつ向いて話す最上さん。
大体思った通りの謝罪だった・・・

彼女はなにも悪くないのに・・・

俺が理不尽に怒っているだけなのに・・・

「あの一緒にいた男はどんな関係なの?」

俺の中での確信についた質問だった。
答えによっては、俺は・・・



自分の気持ちを伝えるつもりでいた・・・




間に合うかどうかはわからない・・・
でも、そうしたかった


だが、最上さんの答えは
俺の予想していなかった答えが返ってきた

「か、彼は京都で小学校、中学校で一緒に学んだ友人です」




それは雪花の正体がバレていることを意味していた
そして、俺たちが兄妹でないこともあの男はしっていた





つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。