haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・水無月の裏表 後編

続・水無月の裏表

実は、親には会いにいかなかった。
何故なら、向こうから会いにきたから・・・

入籍の話を社長からの知らされて俺の両親と、
彼女の母親が2人に会いにきたのだ


『続・水無月の裏表 後編』



会場は質問だけで、1時間近く経とうとしていた

「では、もう時間があまりありませんので、
最後の質問にさせて頂きます!では、○○放送局さん」

「はい、要約当たった!!
では、2人の結婚披露宴の予定を教えていただきますか?」

俺が答えようとマイクを握ろうとしたとき、
彼女が俺の手をとって顔を横にブルブルとふっていた

「ん?どうしたの?」

「実は蓮さんに、お伝えしてないことがありまして・・・」

ちょうどその時だった、大音量のファンファーレがなった

俺は、凄く嫌な予感がして、彼女をみると

「すいません、言うタイミングが掴めず、言えませんでした」

と、今にも泣きながら平謝りしそうだ

会場はファンファーレのする方角に意識が集中し、
そこから牧師のコスプレをした社長が現れた

「本日は、我がLMEの所属俳優・タレントの
2人の為にお集まりの皆様!!
忙しい中お集まりいただき、お礼を申しあげます!!
2人の披露宴は盛大に行う予定なので楽しみにしていただきたい!!
日程は、追って連絡しますので・・・」

「!?」

俺は初耳の話に唖然とした。
アメリカで、近親者だけ呼んで
小さい式だけする話になっていたのに・・・

社長にも、それでいいか確認をとって、
あっさり承諾してくれたのに・・・

(疑うべきだったか・・・それより)

「知らなかったのは俺だけみたいだね」

「いえいえ、私も今日知ったばかりで・・・・・・!!!!」

「ふ~~~~ん」

彼女は俺を見て、眩しい顔をしている。
彼女が言う似非紳士なんだろう・・・

(俺の怒りがすぐわかるなんて、さすがだね。
社長には後々、文句はつけにいくとして・・・先に)

社長の登場で立ち上がったままの彼女を抱き寄せて

「お互い隠し事はしない約束だよ・・・今夜はお仕置きだね(小声)」

「(えぇーーーーーー!!!!←声にならない心の叫び)」

「ほら、写真撮影だから笑って笑って、クスッ」

「・・・・・ハイ」

ーーーバシャッパシャッパシャッパシャッ・・・

彼女は俺の隣で心の中はふてくされているようだ。
膨れっ面も可愛いけど、さすが女優なだけあって、
カメラを向けれられれば京子の顔になる

そんな彼女が、俺は誰よりも深く深く、愛しくて・・・・











「社長、蓮かなり怒ってませんか?」

「あぁ~~そうだろうな」

「きっと後で怒鳴り込んできますよ、きっと!」

「そのときは、あいつが喜ぶエサを用意してあるから気にするな」

「エサですか?」

「そう、エ・サ・だ・・・それより、
蓮のやつ会見羽目外しすぎじゃねぇ~か?」

「社長から見てもやっぱりそう思いますか・・・」

「あいつもまだまだ青いな、なぁ~~社?」

「クスッ、そうですね」






2人の入籍会見後、生放送は世間を驚かせたが、
特に敦賀蓮のイメージはここから大きく変わることとなった







おしまい(笑)

ーーーーーー
会見編でした。今度は、結婚式編書いてみたいです(^^)
そして、キョーコちゃんとお母さんの話を書いてみたいです
後ですね、コメントでまつの様から、
もう一度、トーク番組に出るというナイスな案をいただきましたので
結婚式編の後に書いてみたいと思います♪
勝手に案使わせてもらってすいません!!
時間ちょっとかかると思いますので
許してくださいね(^^;)


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。