haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星にかける願い 3つ星

星にかける願い

ーーーカツカツカツ

俺は今、担当している人物の控え室に向かっていた

ーーーコンコン

「はいるよぉ~」

「は~~い」

俺はゆっくりドアを開けた。

俺の前には綺麗な正座をしたキョーコちゃんが待っていた



『星にかける願い 3つ星』



ここはキョーコちゃんの控え室

「社さん、もうすぐですかね?」

「そうだね・・・スタッフさんがそろそろ呼びにくるとおもうけど」

ーーーーコンコン

スタッフさんが扉から顔を出す

「京子さん、そろそろスタンバイお願いします」

「はい!!いつもありがとうございます!今すぐ行きます」

キョーコちゃんは、スタッフさんに丁寧なお辞儀と返事で答える。

(新人のときから全然変わってないなぁ~)

スタッフさんにも礼儀正しいキョーコちゃんを見てそう思った。

俺がキョーコちゃんのマネージャーになってから
もうすぐ1年になろうとしていた





「皆さん、スタンバイよろしくお願いします」

ここは、某テレビ局のスタジオで今から
七夕祭りの特別番組の撮影が始まろうとしていた

司会者2人とレギュラー5人とゲスト5人がスタジオに入っていた

キョーコちゃんは、この番組のレギュラーで決められた席に座る

司会者逹と他のレギュラーの人達以外で
共演経験者はゲストの1人の百瀬さんだけ・・・

他の人は、初めて会う人達だったけど
キョーコちゃんは挨拶は欠かさなかった

(さすがキョーコちゃん!!この業界、挨拶は基本だからね・・・
でも、よくここまで元気になってくれたよ)


実は、キョーコちゃんは1年前、
全く仕事が出来なくなったときがあった



それは、キョーコちゃんが1年前に辛い別れを経験したから

俺の担当俳優の敦賀蓮・・・いや、
クオン・ヒズリって言った方がいいのかなぁ?
まぁ~~あいつがアメリカに行ってしまったのだ

でも、辛い別れって言っても当時2人は
付き合っていたわけでは全然なかった

蓮はヘタレのままだし、キョーコちゃんは

「恋?私がそんな馬鹿な女になるわけないじゃないですか!」

なんて、あり得ないこと言ってたし・・・

2人の関係はそのまま先輩後輩で終わるのかと思いきや

蓮が土壇場で動きだした。
アメリカにキョーコちゃんを連れていくって言い出して・・・

でも、その理由は俺が期待するような
甘くて酸っぱい理由では全然なくて・・・

「芝居の幅を広げるために機会を与えてください」

後輩として、蓮がでる映画の端役の
オーディションをさせようとしていた。

(まぁ~~蓮にしてみればどんな形であれ
一緒にいたかったんだろうけど・・・)

もちろん社長は反対して

「中途半端な気持ちのお前に最上くんを任せられん」

っていってたけど、蓮の強い押しに負けて、
最終的にはキョーコちゃんに決めさせることになった。
その変わり蓮は社長からは条件を出された

それがあんなことになるとは・・・







スタジオでは、番組が始まっていてVTRが流れていた。
そこには、明るい笑顔のキョーコちゃん。
キョーコちゃんは、七夕の企画
<子ども逹の願いを叶えよう>のレポーターだ。

男の子の願いで、一緒に
有名なサッカー選手に会いにいったんだけど・・・

なんと、そのサッカー選手にキョーコちゃん気に入られちゃって・・・

「京子さん良かったですね!!子ども夢が1つ叶いましたね」

「はい!大変喜んでもらえてよかったです」

そんな平然と答えてるけど、実は、全然よろしくないのだーーー!!
サッカー選手の熱烈ラブコールに
高そうな贈り物が毎日すごくて、参ってる最中なのだ・・・

それに何故か、このスタジオの観覧席にまでいるし

(お前!!練習はどうした!!サッカー選手は練習やってなんぼだろ!?
出没しすぎで、お前のことストーカーって呼ぶぞ!!コンチクショー!!)

って、俺は叫んでやりたい。
まぁ~~まだ、被害にあったわけではないけど
キョーコちゃんが断り続けてるから早く諦めてほしい・・・
蓮の為にも

俺は、遠くの地にいるあいつを思う

(今回の奴は、なかなか手強いぞぉ~~蓮・・・どうする?)



「では、続いてはゲストの百瀬さんの願いを聞いてもいいですか?」

「はい、私はある人に会うのが願いです」

「その、ある人とは?」

「それは・・「はい!百瀬さんそこまでです!
僕達が会いにいきましたのでVTRをご覧下さい」

番組内では、VTRが流れ始めた。
台本ではただとだけ書いてあって、
リハーサルでも細かい説明はなかった。
ただ・・・素でリアクションしてほしいとだけ
言われてたみたいだけど

VTRが進むにつれ俺は驚愕した

(百瀬さんの会いたい人って・・・)

俺はキョーコちゃんを見ると、両手で口をおさえ、
目には涙を浮かべている姿がみてとれた

(お~~い!キョーコちゃん~~~本番中だ~~よ)

でも、久しぶりにみる姿は俺ですらかなり嬉しくて
キョーコちゃんのこととやかく言えないと思った

VTRには、黒髪黒目の敦賀蓮の元気な姿がうつし出されていた




「百瀬さんが会いたい人って敦賀蓮さんだったのね?」

「はい、俳優として敦賀さんは私の目標ですので」

「そういえば、百瀬さんも京子さんもDARK MOONで共演してたよね?
京子さん?・・・・え?京子さん大丈夫?」

涙目のキョーコちゃんに司会者が不信がってる

「!あっ・・・はい!大丈夫です」

「京子さんってもしかして、敦賀さんのこ・・」

司会者の発言の途中で

「京子ちゃん、敦賀さんの事務所の後輩だったから、
ずっと心配してたのよね?元気か心配だって話してくれたでしょ?ね?」

「はい・・・」

「ふ~~ん、そうですか」

司会者はあまり納得してなさそうだけど、
確信ついた質問は回避できたな・・

(百瀬さん、ありがとう!!後でお礼言いにいこっと)

その後、番組内では蓮についてみんなで色々話しをしてる。
キョーコちゃんも何事もなかったように会話に加わってる・・・

(映像だけど1年ぶりぐらいに蓮に会えたね、キョーコちゃん)

俺が微笑ましい気持ちになってたら、
突然スタジオが真っ暗になった

(え!?停電!!)

って、一瞬思ったけど、次の瞬間、
スタジオ内にあるセットの扉にライトが当たった

(え!?この流れってまさか!?)

「では、登場していただきましょう・・・
アメリカから来て頂きました敦賀蓮さんです」



(え~~~~聞いてないぞぉ~~~!!!!蓮~~~~!!)



そして、扉は開かれた






つづく

ーーーーーー
社さん視点でした
長くてすいません(泣)

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。