haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の誘惑

短編

ここは海が見える別荘…俺と愛しい彼女の2人っきり。

「海にきたのに泳がないんですか?」

「……泳がない」

「えぇ!?これせっかく買ったんですよ!!」

「……水着だね」

「はい、新しい水着です。この柄すごく可愛くて買っちゃいました」

「とっても可愛いよ……君がね…」

「へぇ?」

近づく2人の距離……

「……食べてしまいたいほどに」

耳元に響く甘い声

「あ……あの……近い気がしませんか?」

「こんなに可愛い君がいけないんだよ……」

「ど、どうしたんですか?な、なんか悪い物をた、食べましたか…?」

「……そんな可愛い君を他の男に見せたくない」

「なんですか、それ……水着姿なんて減るもんでもないですし…」

「君は俺以外の男にその姿をみせるつもりなの?」

「海にきて泳がないほうがどうかしてますよ!」

「……これは、お仕置き決定だね」

「へぇ??……お仕置き??ーーーーちょっとまって、肩にかついでなにするつもりですかーーーーー!?」

「可愛いがるだけだから安心して」

「そうですか、可愛いがってくれるんですね…………………………ってどんな意味ですか!?ちょっと離してくださいよ」

「大丈夫だよ………責任はしっかりとるから」

「責任ってなんですか!!!責任なんて要りませんよ!!離してくださぁいーーー」

「………お仕置きが終わったらね(ニッコリ)」

「その笑顔嘘クサイですよ!!離してーーーー!!いやぁあぁあぁぁああぁ!!」

2人の声は、1つの部屋に消えていった











「敦賀さん……もう降ろしてもらってもいいですか?」

「あぁ……、ごめん」

「敦賀さん……こういう男性はどう思います?」

「どう思うとは?」

「いや、他の男性に見せたくないって気持ちはなんとなくわかりますが…」

「うん」

「私は海に入りたい彼女さんの気持ちの方が充分わかるというか……」

「確かに、彼は少しやり過ぎてるかもね……」

「!!敦賀さんならわかってくれると思いました!」

(そんな嬉しそうな顔しなくても……この男性の役の気持ち、よくわかるんだけどな)

そう、ここは海辺の別荘……ではなく、2人で俺の家で、彼女が持ってきた台本を再現していた。もちろん、最上さんは水着ではなく普段の私服………

最上さんはこのドラマで端役を演じる。さっき再現した役は主役の2人なので、最上さんには関係ないのだが……

彼女が演じてみたいといいだして、引き受けたはいいが……

(彼女が主役じゃなくて本当よかった)

今年の夏、最上さん連れて海に行きたいけど……
彼女の水着姿が楽しみでもあり、男の目が心配でもある

最近ようやく付き合い出した、最上さんに嫌われたくはない……

(ここはプライベートビーチでも購入するべきかな)






その後、プライベートビーチ購入を真剣に悩んだ敦賀蓮

後日、プライベートビーチを購入したことがワイドショーで取り上げられた

彼も充分、やり過ぎな男だった





おちまい
ーーーーーー
海の日記事でした(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

comment

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。