haruka7の書庫

スキビの二次小説・イラストのサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坊の悪夢 第3話

坊の悪夢

軽井沢でみた夢は、

最初は正夢になるかとドキドキしたけど・・・


(ーーーーーーーこんなことがあるなんて!!!!???)


『坊の悪夢 第3話』



私は、数日前ありえないづくしの夢をみた・・・

まさか、あの夢は正夢になることなんてないと思ってたのに、
目の前に繰り広げられてる光景が信じられない

「ねぇ~~僕らの話聞いてる?鶏さん」

「俺ら、鶏さんに無視されてるの?」

「・・・寝てるんじゃないか?」

私の前に、立ってる3人は魔界人の仲間達だ
(←タスク、キヨラ、シズルです)

なんでこんな状態になったかというと・・・







今日は、特番のリハーサルがあったので、
私は坊の控え室で待機してた

(ついにこの日が来てしまった・・・
正確には明日だけど、どうなることやら)

ーーーーーコンコン

「は~~い」

(ちょっと早いけど出番かな~~)

私は、坊の頭をかぶり扉を開けた・・・

ーーーーガチャッ

「お待たせ・・し・・!?」

「こんにちは、鶏さん」

(なんで、こいつがここにいるのよ!!)

目の前にいたのは、魔界人の仲間(←タスク)だった

(しかも1人で、なにしてるの!?)

「鶏さん、まだ時間あるでしょ?こっちに来てくれないかなぁ?」

「・・・いや、時間ないから」

「まぁ~~そういわずにね!頼むよ」

「いやいや、本当に無理だから」

「ねぇ!!頼むから、ほらこっち」

私はこのときとても嫌な予感がした。

坊の格好のまま無理矢理人気が少なそうなところへ引っ張りだされた

そこには、魔界人の仲間(キヨラ、シズル)がいた

(ーーーーーなんでこうなるのよ!!??)

私=坊は魔界人の仲間に取り囲まれた







数日前、見た夢は軽井沢で見た夢と違い、
断片的な映像だけ見えた・・・

その断片的な映像の中にこの人達がいたのだ

(もしかして、正夢!?でも夢ではもう1人いたけど、
まさかそんなことあるわけないしね)

「僕たち、鶏さんに話があるんだけど・・・」

「?・・・なんだよ」

「鶏さんの頭をとってもらえない?」

「!!!」

「鶏さんの中身にようがあるんだよね」

(こいつらなにいってんのよ~~~!!??)

「な・・・なんでだよ!?そんなの無理だから!!」

ジェスチャーで、全力でムリムリと伝える

「こっちは、男3人いるんだから、逃げられると思う?」

魔界人の仲間はジリジリと近付いてきた

私もゆっくり後ろに下がる・・・

ーーーーードンッ

(後ろの逃げ道なくなった!?)

「さぁ~~観念して貰おうかな?」

3人が、私の・・・いや、坊の頭に触れそうな瞬間




「そこでなにをしてる」



突然現れたその人は冷たく突き刺さるような声だった
その人は、怒った顔を隠しもしない敦賀さんだった






つづく
ーーーーー
ファンブックをどこに置いたか忘れてしまって・・・
3人の名前がでませんでした(-_-;)
必死に探して、ファンブックみつかりました(汗)
3人とも、呼び捨てでごめんねぇ~( ̄▽ ̄;)

坊の悪夢 第2話

坊の悪夢

敦賀さんが言うには、私は坊の格好のまま寝ていたらしい・・・


どうも、寝言をいいながら


(ーーーーーーーこんなことがあるなんて//////)


『坊の悪夢 第2話』

私は、企画書を見ながらどうも寝てしまっていたらしく、さっき敦賀さんに会って話したのは全部夢だったらしい・・

「クスクス。こんなとこで、寝るなんて君は前から思ってたけど強者だね」

「・・・そんな笑うなよ/////」

「クスっ、ごめんごめん。でも、人気の無いとこで寝てたら危険だよ!襲われるかもしれないし・・・」

「・・・大丈夫だよ、お、男だから」

「・・・世の中には、いろんな趣味の人がいるからね~~男性がすきな人も、着ぐるみがすきな人もね」

「!?・・・以後、気を付けるよ」

「クスっ、素直でよろしい。あ!そう言えば、これ落ちてたよ」

敦賀さんが、持ってたのは例の企画書だった

「・・・あぁ~ありがとう」

「どうしたの?元気ないけど・・・」

「・・・敦賀くんは、仕事したくない相手っているわけないよね?」

「もちろんいないさ(ニッコリ)」

「・・・その胡散臭い笑いはなんだい」

「・・・君は失礼だね。まぁ~~俺も人間だからね、多少なりとも好き嫌いはあるけど、仕事したくないって思うほどの人はいないよ」

「そうだろうね」

「でも、しいて言うなら仕事に対して軽い気持ちで取り組んでる人間とはあまり仕事はしたくないけどね」

「・・・」
(敦賀さんらしいなぁ~)

「どうした?・・・・・おい!!また寝た?」

「なんで、そうなるんだよ!!」

「クスクスッ、元気でたみたいだね!じゃ、俺はそろそろ行くよ」

「あ・・うん」
(敦賀さんに励まされちゃった)

「あ!!後、寝言で聞かれたんだけど・・」

(!?寝言で!?)

「俺は、諦めるつもりないから・・・なにがあっても」

(そんな真剣な顔で言わなくても)
「・・・うん、わかった」

「じゃぁ、またね」

敦賀さんは、手を振って颯爽と去っていった。敦賀さんがいなくなってから1人。私は、呟いた

「夢の中で初恋相手は私だったんですよ、敦賀さん」

(まぁ~~夢の中の話だから、関係ないか・・・それにしても寝言なにいったんだろう)






この日の夜、坊の私にはあり得ないものばかりの夢をみた


つづく

坊の悪夢 第1話

坊の悪夢

「椹さん……この企画書は……いったい……」

「これ?スペシャル番組の企画書だよ!!君がやってる坊のね」


私は椹さんから渡された企画書を、
持ちながら震えが止まらなかった

(ーーーーーーーこんなことがあるなんて!!!!)


『坊の悪夢 第1話』



きまぐれの番組が終わり、
坊の格好で例の企画書について頭を悩ませていた

(なんで、よりにもよってあいつらがゲストなのよ……)

世の中は、ゴールデンウィーク中。
番組がきまぐれの特別番組を企画したまではよかったが、
なんとゲストは、ショータローとビーグルだった……

(この組み合わせにする意図が解らない……)

人気のないところで落ち込んでいると、そこに……

「あ!!……ここでなにしてるの?」

「!?……やぁ~~敦賀くん元気してたかい??」

尊敬する先輩俳優に遭遇した…

(社さんに忙しいって聞いたけど、
またなんかあったのかな?)

「敦賀くんは、どうしたんだい??
人気俳優がまたこんな人気のないとこにきて…
また、悩みでもあるのかい?」

「実は、君に聞いて欲しいことがあるんだよ」

「なんだい?」

「君に以前言ってた、俺の初恋の人なんだけど……」

「あぁ~~16歳の高校生ね」

「いや、もう17歳なんだけど……
諦めることにしたんだ」

「え?また、なんで??」

「実は…」

敦賀さんの思い人には彼氏ができてしまったらしい。
どうも業界関係者らしいけど…

(敦賀さん、可哀想に)

「まぁ~~君のような二枚目にはすぐ素敵な人が現れるよ」

「そうなればいいけど……なかなか難しそうだね。
ところで君はどうなの?俺の恋愛相談してくれるぐらいだから
彼女いるんだろ??」

「え?いないけど…」

「………嘘だ」

「………嘘じゃないよ」

「君の楽屋に入ってく女の子をみたよ」

(!!!……見られた!?)

「俺の初恋の人は、彼女なんだよ」

「へ??」

「相手が君だから諦めようかと思っていたのに、
そんな俺に嘘つくなんて」

「えぇ??ど、どういうこと??」

「こっちが聞きたいね!!
彼女が好きになる男の顔を一度拝ませてもらおうか」

敦賀さんは坊の頭を無理矢理に取ろうとしていた

「いやあぁあぁ~~~~~~~!!!!」









「……君、お~い、大丈夫かい??」

「へぇ??」

そこには心配そうな顔をした敦賀さんが、覗いていた




つづく
ーーーーーー
なんと中途半端な終わり方でしょう(汗)
言葉が上手くでてこない(゜ロ゜;

プロフィール

haruka7

Author:haruka7
スキビが好きで二次始めました。
出版社様・作者様とはなんの関係もございません。
主に、蓮さん×キョーコちゃんですが、スキビのキャラのほか、オリジナルキャラも出ますのでご注意ください。
駄文・駄絵ですが、よかったらどうぞ
ごらんください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。